渡辺遥馬くん、水難事故で死亡【袋井市】大人が目を離した隙に。アクティ森

渡辺遥馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【渡辺遥馬くんの水難死亡事故の記事:4行要約】

小学生が川で溺れて死亡する事故が起こった

保護者含め25人で「アクティ森」に来園。目を離したすきに行方不明になった

③亡くなったのは、袋井市月見町の渡辺遥馬くん7才

川遊びは危険だから、子供はライフジャケットが必須なのではというネットの声が多いようだ。

渡辺遥馬くんのス何死亡事故報の道内容【アクティ森】

5日午後0時10ごろ、静岡県森町問詰のレジャー施設「アクティ森」近くの太田川で、「男の子の姿が見えなくなった」と110番通報があった。県警袋井署によると、通報から約20分後に袋井市月見町の小学生、渡辺遥馬君(7)が意識不明の状態で見つかったが、搬送先の浜松市内の病院で死亡した。

同署によると、渡辺君は子供会の行事で袋井市内から保護者を含め25人ほどで同施設に来園し、川遊びをしていたとしている。同署は渡辺君が川で溺れた可能性もあるとみて調べている。

スポンサーリンク

渡辺遥馬くんについて(小学校はどこ?)

【名前】渡辺遥馬(わたなべはるま)

【年齢】7歳

【住所】袋井市月見町(袋井市立山名小学校が一番近い小学校ですね)

【職業】小学生

【性格】報道では、保護者含め25人で遊んでいたところ、「男の子の姿が見えなくなった」ということだ。明るく活発な子だったのではないだろうか。川遊びは本当に危険だし、1番可愛い時期であろう7歳という若さで亡くなってしまうのは非常に悲しい。

スポンサーリンク

アクティ森についてと時系列

アクティ森

入場料無料の複合エンターテイメント施設なようだ。家族連れや、今回のような保護者込みの団体で来るのも多いらしい。

川遊びや手捻り陶芸なんかの体験できる施設らしい。評判もなかなか良いようだ。

かなり浅い川に見えるがそれでも子供が水難事故に遭っている。その理由を見ながら、水難事故の時系列を整理してみる

【渡辺遥馬くんの水難死亡事故の時系列の推測】

渡辺遥馬くんは小学生7歳だ

子供会の行事で、保護者含め25人でアクティ森にやってきた

皆で川遊びをしていた

渡辺遥馬くん、皆のそばで溺れてしまったか?

人数が多いことで、ついつい油断が生まれてしまったものだと思われる。

溺れた場合、人は全く声を出せない。なぜなら口の中に水がいっぱいになって、場合によっては肺にも水が詰まっており、空気を吐き出せないからだ

原因は耳管に水が入り、平衡感覚を失って水上に顔を出せなくなったことによるものだろう

耳管に水が入ることが原因なので、どんなに浅い水場でも、倒れて顔が浸かれば溺れる可能性がある。(人が30cmで溺れるといわれるゆえん)

大人たちが渡辺遥馬がいなくなっていることに気が付く

警察に通報

20分後、水深1.5mほどの水の中に沈んでいるのを発見。意識不明の重体

病院に搬送されたが、間もなく死亡してしまう

スポンサーリンク

まとめ:渡辺遥馬くんの事故に対して世間はこう見てる

・川遊びはメチャクチャ危険だってことを理解していないのは怖すぎることだよ。流れのない狭いプールでさえ監視員がついて、子供たちを見守っていることの意味を理解するべきだね

・面倒だけどライフジャケットを付けろってことだよな

・うわあ親悲しいよな。水難事故はマジで素人には判定難しいからな。遊びに来てるんだし、終始子供から目を離さないというわけにもいかずついつい気が抜けるんだよ。だからそもそも溺れないようにしないとな。俺も気を付けるよ

・人数多いと油断しちゃうよな。1m先で溺れてても気付かないことすらあるらしいね

・川は危ないから年少者と一緒に遊ぶのはやめた方がいいよな・・・

最後に:水難事故対策として参考になる動画

【衝撃】溺れると身体はどうなってしまうのか?
スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ