ベトナム人留学生の犯罪が多い理由をわかりやすく解説【増加】

ベトナム人留学生の犯罪増加理由
スポンサーリンク

【ベトナム人留学生の犯罪者が多い理由:あらすじ】

・ベトナム人留学生による犯罪者が国籍別で最多となった

・理由①母体数が増えた

・理由②借金を返済しなければならない

・理由③給料が安すぎる

・結果:犯罪をするまで追い込まれる

ベトナム人留学生による犯罪の現状

あなたは、最近ベトナム人留学生による犯罪が増えたなーなぜだろうと思って検索したと思われる。

20代のベトナム人が強盗や詐欺、窃盗で捕まったニュースをしょっちゅう見るようになって、増えたのではと思ったのだろう。

それは決して期のせいではない。

なぜなら、2017年度来日外国人による犯罪が、国籍ランキングでベトナムが1位となったからだ。(3割の5000人以上がベトナム人、2位は中国人4600件)

では、なぜベトナム人留学生による犯罪が増えているのか。それを知るためには、ベトナム人留学生の背景を知る必要がある

ベトナム人労働者が数年で5倍

数年前まで、在留ベトナム人は5万人でした。

しかしここ最近、ベトナム人は26万人と5倍以上に増えています。母体数が増えれば、犯罪者も増えますよね。当然の結果です。(外国人労働者は全体では100万人)

では、なぜベトナム人留学生がこれほど増えたのか。

それは、悪質ブローカーがベトナム人の若者を騙して、日本に送り込んでいるからです。

ベトナム人留学生は借金をして日本に来日している

ベトナム人留学生のほとんどは、借金をして日本に来ます。

最初の生活資金のために100万円を借りてるんですね。

悪質ブローカーにこう言われています。

「大丈夫。日本はベトナム人労働者を重宝しているから、働き口はいくらでもあるし、月20万ぐらい簡単に稼げる。毎月ちょっとずつ返してくれればいいから」

しかし、これは現実ではありません。日本では、ベトナム人は「あくまで低賃金労働者として重宝されており、労働環境もかなりひどい

ベトナム人労働者の雇用環境の現状

留学生は1週間の労働時間を28時間と決められています。

そして、留学生は最低賃金で雇われることが多いです。

計算してみましょう。東京の最低賃金は985円。28時間では1週間で27580円。月得られるのは、10万円を少し超える程度。

だから留学生たちは夜勤労働で50時間以上働きます。

そして留学生たちはそもそも28時間しか働いてはいけない環境です。悪質な雇用主の場合は、月12万円しかもらえないそうです

ベトナム人留学生の環境をまとめる

①借金100万円

②毎月の返済は、20万円ぐらい稼げれば返済できるだろうもの

③実際は法令で決められた範囲で働くと10万を超える程度しか稼げない

④法令を無視して50時間以上働くが、雇用主によっては、法を盾に12万程度しかもらえない

⑤異国の地で誰にも相談することができない

ベトナム人留学生が、ギリギリまで耐え抜いて犯罪に手を出している背景が見えてきたのではないでしょうか?

犯罪はいけません。しかしそこには人間の感情があり、動機があります

世の中には、「扇風機で口論になった」とか「万引きで捕まって逆恨みした」とかわけのわからない動機で人を殺す老人もいます。「ギャンブルで金がなくなったから」「ギャンブルの借金を返すため」と自業自得な犯罪理由も存在し、同情の余地はありません。

ただ、ベトナム人労働者に関しては、なかなかかわいそうな状況があるのも確かです。もちろん全員ではありません。しかし中には上記の用な理由で犯罪を犯す人間もいます。そして彼らの中には、「家族のために出稼ぎに来て、実は騙された」そんなベトナム人もいます。

小説のように誰かが圧倒的悪だと決めつけられたら楽なのですが、なかなか後味が悪い話になってしまいました。

社会
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ