子供の名前

ヴィッセル神戸が赤字確定なのにイニエスタを買った理由【楽天】

Sponsored Links

 

イニエスタが神戸に来たのはめちゃんこうれぴー、ボクです。
バルセロナの選手が日本でプレーするとはなー。

サッカーファンの中には、「イニエスタ様イニエスタ様! 神戸なんかに来たら穢れまする、あなたさまが来てはいけませぬ!!! うう」なんて言う声もあり、気持ちわかるなーと思いながら、なんだかんだ日本でプレーするのも見てみたいというのが本音です。

そしてバルセロナからの直輸入でやってきたスーパースター”イニエスタ”ですから、当然年棒が話題になるわけですが、これがとんでもない数字なわけですね。

その数字、スペインの複数メディアによれば「32億!3年契約!」ということらしい。これは、Jリーグ全体の最高年棒、元一流クラブスター選手のポドルスキやフォルランの6億円を大きく更新しています。

更新しているというかもう1人だけ、チート使ってますね。ずるい

最初は中東の石油王や中国の資本王が買うんじゃねえかなーという想定がされていたわけですからね。

まさかまさか日本の横入で、Jリーグ年棒ランキング1位32億 2位6億の状態になったわけです。

もっとわかりやすく言えば、ヴィッセル神戸のチーム人件費をイニエスタ1人で2.5倍にしてしまうぐらい高い

もう赤字なんじゃねえの?ヴィッセル神戸大丈夫か?というか、楽天大丈夫か?

ということで、ヴィッセル神戸の収入についてです。


Sponsored Links

絶対赤字! ヴィッセル神戸の収入

入場料収入:4億2700万
広告料収入:22億2000万
イニエスタ:32億

ひゃー、自分の会社だと思ったら色んな液体でそう。

他にも物販収入もありますが、入場料、広告料よりも少なく、イニエスタの年棒をカバーできるものではなかった。
当然ここに他選手人件費の20億が経費でプラス

つまるところ、優勝したって、到底ペイできるものではなく、イニエスタが来たことによってヴィッセル神戸の損益状況がプラスになることは0%です。これが3年間も続くなら、赤字は100億近いものになる可能性もある。

ぼくみたいなノータリンボーイは「ぶへへ、三木谷正気かよー、さんすう勉強ちまちょうね」と脊髄反射で思ったわけだが、当然、赤字になるのは織り込み済みである。赤字になるのが分かっていて、32億3年契約を行ったというわけだ。

Sponsored Links

イニエスタを買った世界企業”楽天”!!という宣伝

イニエスタというのは、サッカーを知る者ならだれでも知っているスーパースター。
ずっとバルセロナで戦っていた男が、さあじゃあどこに移籍するんだというのは、世界中が注目していた。当然今回、そのイニエスタを買った”楽天”は世界に名前をしらしめたことになった、らしい。

これによって、世界の楽天として、とんでもない広告効果を得ることができる!らしい

それに比べれば、100億円なんて安いもんじゃ! らしい

そう! らしい!

つまり、ぼくはパッパラパーなので、よくわかんない、というわけだ。

すしざんまいのマグロと同じだな

なので、「すしざんまい マグロ 広告効果」で検索してみる。

すると、「7420万円でマグロ落札ってすげえ! でもPR効果って本当にそこまであるの?」という記事が出てきた。

マグロを買ったことによる広告効果を金額化したものが以下だ

テレビ番組:約2億4,150万円
新聞記事:約1,901万円
ネットニュース:約558万円
ソーシャルメディア:約784万円
合計:約2億7,393万円

つまりマグロ買って、2億円得してるということだ。

マグロで2億円なら、イニエスタは100億円ぐらい余裕だろう。三木谷社長はさすがである。おしまい