柴田秀平さん顔画像,facebook!タンクローリーに巻き込まれ交通事故

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【柴田秀平さんの交通事故あらすじ】

1:亡くなったのは、さいたま市南区の会社員24歳、柴田修平さん

2:柴田秀平さんは、左折したタンクローリーに巻き込まれて20メートルほど引きずられて亡くなった

3:佐野良昭容疑者を過失運転致死で逮捕

4:なぜ柴田秀平さんは事故に巻き込まれてしまったのか(考察)

柴田秀平さんの死亡交通事故の報道内容【さいたま市】

1日午前、埼玉県さいたま市桜区の新大宮バイパスで、自転車に乗った24歳の会社員の男性が、左折したタンクローリーに巻き込まれて死亡しました。

1日、午前10時半過ぎ、さいたま市桜区町谷の新大宮バイパスの交差点で、自転車に乗っていたさいたま市南区の会社員柴田秀平さん(24)が、左折したタンクローリーに自転車ごと巻き込まれました。警察によりますと、タンクローリーは柴田さんを巻き込んだままおよそ20メートルほど引きずって走ったということです。柴田さんは病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。

警察は、タンクローリーを運転していた神奈川県横浜市のトラック運転手、佐野良昭容疑者51歳を過失運転致傷の疑いで、現行犯逮捕しました。警察の調べに対し、佐野容疑者は、「事故を起こし、ケガをさせてしまったことは間違いない」と容疑を認めています。警察は容疑を過失運転致死に切り替えて事故の原因などを詳しく調べています。

柴田秀平さんについて

【名前】柴田秀平

【年齢】24

【住所】さいたま市南区

【職業】会社員

被害者なので、画像らの情報は載せていません。
facebookにも柴田秀平さんの情報はありません。

では柴田秀平さんの事故現場を見ていきます

柴田秀平さん交通事故現場

場所は、さいたま市桜区の新大宮バイパスです

交差点はいつくかありますが、ここのような場所だと思われます。

柴田秀平さんは自転車に乗って道路脇を走っていたと思われます。

そして佐野良昭容疑者が左折して、自転車が巻き込まれていきました

なぜこのような事故が起こってしまったのか時系列を考えていきます

柴田秀平さんがタンクローリーに巻き込まれた交通事故の時系列

場所は、新大宮バイパス

柴田秀平さんは自転車に乗っていた

柴田秀平さんが走っているのは、道路左脇

佐野良昭容疑者のタンクローリーは左ウインカーを出す

佐野良昭は左折。当然歩行者がいただろうことも考えると減速しているだろう

佐野良昭は左折を開始、もちろんタンクローリーの大きさも考えてスピードはゆっくり

そこに柴田秀平さんが自転車に乗ってタンクローリーの左脇に侵入か?(左ウインカーを出している車の左側から追い抜くのは極めて危険な行為)

自転車の存在に気が付かない佐野良昭容疑者。柴田修平さんも前進

柴田秀平さんが後輪に巻き込まれて転倒

佐野良昭、柴田秀平さんを巻き込んで衝撃があるが、10メートル前進。

さすがに違和感に気が付いて停車

柴田秀平さんが病院に搬送されて間もなく死亡

佐野良昭容疑者が、過失運転致死で逮捕

これは一つの可能性ですが、亡くなってしまった柴田秀平さんも残念でなりませんが、佐野良昭容疑者も気の毒である。マナーの悪いロードバイクはたくさんいるし、柴田秀平さんはどうだったんだろうか。佐野良昭容疑者のためにもそして、柴田秀平さんに非がないなら日がないと証明するために、徹底した調査をして欲しいものだ。

柴田秀平さんの交通事故に対して世間はこう見てる

・ロードバイク的な自転車かね。凄いスピード出てこわいんだよなー本と気を付けてよ。タンクローリー運転手に非があるのかね・・・

・パイパスって結構自転車通行禁止だったりしないか?大丈夫か?

・左にウインカーを出しているはずだが、自転車がタンクローリーの左側に食い込んでいったんじゃないかな・・・ほぼ自殺みたいなもんだと思うんだけど、違うんか?

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ