佐藤生馬ちゃんの交通事故が辛い【佐賀市兵庫町藤木】自宅の近くでトラックに

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【事件のニュース】

いつ起こった事件ですか?

8月20日15時30分ごろ、佐藤生馬(さとういくま)ちゃんが自転車に乗って遊んでいるときのことです。

どこで起こった事件ですか?

佐賀市兵庫町藤木の市道(道幅6メートルの住宅街の道路)。佐藤生馬ちゃんの家から50メートル程度の場所

亡くなったのは誰ですか?

佐賀市兵庫町富士岐の幼稚園児、佐藤生馬ちゃん4歳

轢いたのは誰ですか?

福岡県筑紫野市桜台の住宅設備業、川津誠38歳

具体的にどのようなことをした事件ですか?

川津誠容疑者は一度とある民家の前で駐車。しかし場所を間違えていたために、バックしながら家を探していて後ろに注意を割いていなかった。トラックの後ろには佐藤生馬ちゃんがいて、轢かれてしまったようです

どのような証言がありますか?

川津誠「後方確認が不十分だった」

スポンサーリンク

川津誠について

【名前】川津誠

【年齢】38

【住所】福岡県筑紫野市桜台

【職業】住宅整備業(今回も仕事で事故現場に来ていたようです)

【容疑】過失致死
バックしながら家を探していたということですが、信じられない・・・。バックをするときは後方確認を何よりも優先しなければならないというのに、家を探していたって・・・

Uターンして探すのが面倒くさくて横着したんでしょうが、住宅街だということは「子供飛び出し注意の」看板もたくさんあったんじゃないですかね。

スポンサーリンク

佐藤生馬ちゃんについて

【名前】佐藤生馬(さとういくま)

【年齢】4歳

【住所】佐賀市兵庫町藤木

【職業】近くの幼稚園に通っていたようです

佐藤生馬ちゃんの自宅前は市道になっていて、いつも道路で自転車に乗って遊んでいたようです。いつも遊んでいたというのは少し気になりますね。事故原因は何なのか整理しましょう

スポンサーリンク

事故原因は何なのか

まず大前提として、「バックしながら客の家を探していた」川津誠容疑者の行動が最大の事故原因であることは間違いありません。

ただし佐藤生馬ちゃんのご両親にも問題があったのではないかとも思えます。息子さんを失ったご両親が1番つらいことは間違いありませんが、やはり我々はニュースをもって「何がいけなかったのか」「自分だったらどうするべきなのか」を学ぶべきだと思います。残酷な現実かもしれませんが必要なことでしょう。

まず、自宅前の市道は道路です。よくありますよね。市道が走っている住宅街。想像できます。佐藤生馬ちゃんは「いつも自宅前の道路で自転車に乗って遊んでいた」ということです。

頻繁に自転車に乗って遊ぶなら、公園に行かせたり親が見ているべきだったのではないでしょうか。現場は、川津誠容疑者のように住民以外も車はたくさん通るわけですし、運転者が最優先に気を付けるべきなのは間違いありませんが、やはり現場は道路です。

ご両親も家の前なら問題ないと思ったのかもしれませんが、自宅前だろうと見ていないなら危険ですよね。ご両親も当然佐藤生馬ちゃんには、念を押して車に気を付けるように注意していたのかもしれませんが、生馬ちゃんは幼稚園児です。突然車の前に飛び出したり、かっこいいトラックがあれば、バック中だろうと後ろに近づいていくこともあるでしょう。

見慣れた市道であったとしても、子供に遊ばせてはいけないということでしょう。慣れは油断を生みその油断が一番大切なものを失うきっかけになるんですから。

はあ、後悔しても遅いのは分かっていますがやはり亡くなった佐藤生馬ちゃん、そしてご両親を想うと辛いですね。本当に可哀相だ。

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ