斎藤琢磨さん死亡交通事故【村上市】村山彩水容疑者が後ろから追突

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【斎藤琢磨さんの死亡交通事件記事:4行要約】

バイク運転手が後ろから追突されて死亡する交通事故が起こった

村上彩水容疑者が後ろから追突、対向車線に飛ばされて別の車にはねられて亡くなった

③亡くなったのは、山形県鶴岡市城北町の会社員、斎藤琢磨さん30歳

④村山彩水容疑者(38)の供述「間違いない」あああ

斎藤琢磨さんの死亡交通事故の報道内容

6日午前10時半ごろ、新潟県村上市勝木の国道7号で山形県鶴岡市城北町の会社員、斎藤琢磨さん(30)のバイクに軽乗用車が追突し、対向車線に飛ばされた斎藤さんが別の乗用車にはねられ、多発外傷で死亡した。

村上署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、軽乗用車を運転していた村上市山北教育事務所の非常勤職員、村山彩水(あやみ)容疑者(38)=同市府屋=を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

現場は片側1車線の直線道路。同署は容疑を過失運転致死に切り替え、詳しく調べる方針。

スポンサーリンク

斎藤琢磨(さいとうたくま)さんについて【山形県鶴岡市城北町】

【名前】斎藤琢磨

【年齢】30

【住所】山形県鶴岡市城北町

【職業】会社員

【事故】国道7号線で軽乗用車が後ろから追突、対向車線に飛ばされて、べつの車にはねられる多発外傷

【死亡原因】バイクの死亡率の高さのゆえんと言えるのがまさに今回の交通事故。普通の車ではただの追突事故になるものが、バイクの場合死に直結することがある。車がシートベルトを必須にしているのも、これが原因。つまり大きな衝突が起きたときに投げ出されないようにするため

スポンサーリンク

村山彩水(むらやまあやみ)容疑者について【村上市府屋】

【名前】村上彩水

【年齢】38

【住所】村上市府屋

【職業】村上市山北教育事務所の非常勤職員

【事故】追突事故して、バイクの斎藤琢磨さんをはじき飛ばし、死亡させた

【死亡原因】原因としては不注意運転。そして不注意を起こした原因はいくつも考えられる。特に多いのがスマホ運転と居眠り運転。居眠り運転は高速道路のトラック運転手(夜通し運転していることから)によるものがほとんど。一方スマホ運転は誰でも起こし得る。村山彩水容疑者がスマホ運転をしていたかどうかは明らかになっていない

斎藤琢磨さんが亡くなった新潟県村上市勝木の国道7号線

見通しは非常によく、見えなかったということは一切ないだろう。

だとすれば、村山彩水容疑者が前方を見ていなかった可能性は非常に高い。もし斎藤琢磨さんが結婚しているとすれば、村山彩水容疑者の責任もそれ相応に重くなるだろう。

まとめ:斎藤琢磨さんの死亡交通事故に対して世間はこう見てる

・うわーー、追突事故でバイクって死ぬんだな。やっぱりバイクは危険だわ

・スマホなのか、飲酒運転ではないよな。

・停止中のバイクに突っ込んだんか?それとも走行中のバイクか?見た感じ走行中のバイクっぽいけど危なすぎる

・30歳会社員って、結構な確率で結婚してるよな。つっら

・もうスマホしながら運転するのマジでやめようよ

・こういう事故を見るたびに、友人がバイクに乗っていると不安になるんだよな。バイクの事故って大抵車側の不注意だもんな。どんだけ気を付けても事故死してしまうのがバイクだと思う

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ