斎藤武博 顔画像,twitter,facebook!北杜市の交通事故

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【斎藤武博のあらすじ】

1:逮捕されたのは、山梨県南アルプス市の会社員38歳、斎藤武博

2:斎藤武博容疑者は、山梨県北杜市の市道で男性2人を軽ワゴン車ではねた

3:植松徹さんは亡くなり、一緒にいた男性会社員は腰の骨を折るなど重体

4:斎藤武博に一体何があったのか、時系列で考察する

斎藤武博の交通事故の報道内容

先月31日夜、山梨県北杜市の市道で男性2人が軽ワゴン車にはねられる事故があり、1人が死亡し、1人が重体となっている。

北杜警察署によると、先月31日午後7時15分ごろ、山梨県北杜市の市道を走っていた軽ワゴン車が、道路脇にいた男性2人をはねた。

この事故で、北杜市の会社員・植松徹さん(46)が胸などを強く打ち、病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。

また、植松さんと一緒にいた甲府市の会社員男性(49)も腰の骨を折るなどして重体。

警察は、軽ワゴン車を運転していた山梨県南アルプス市の会社員・斎藤武博容疑者(38)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、詳しい事故の原因を調べている。

斎藤武博

斎藤武博

斎藤武博

斎藤武博について

【名前】斎藤武博

【年齢】38

【住所】山梨県南アルプス市

【職業】会社員

【容疑】過失運転致傷

斎藤武博でfacebookを検索してみましたが、該当者はいませんね。珍しい名前ですが、斎藤さんはたくさんいますし、同姓同名も多そうです。

【性格】:被害者二人は道路脇を歩いていたようです。とすると、注意深い人間ではないですね。居眠り運転か、スマホ運転でもしていたのかもしれません。ここから仮定すると無計画、浅慮な性格が見えてくるかもしれません

斎藤武博の交通事故場所と時系列

斎藤武博の交通事故の場所

事故があった場所です。

あたりは確かに非常に暗いです
斎藤武博
警察の捜査用のライトで照らされているからこそ明るいですが、電灯の数もまばらで確かに暗いですね。ただ見通しはそれなりに良い。

以上の情報をもって、
斎藤武博が植松徹さんたちをひいてしまった原因を考えてみましょう

斎藤武博はなぜこう事故を起こしてしまったのか

考えられる原因をひたすら上げてみる

・暗くて見えなかった(→不注意なスピードを出し過ぎが原因)

・スマホ運転

・わき見運転

・無点灯の運転

・人がいるわけないという過信

・植松徹さんともう一人の会社員男性が黒いスーツで見えなかった

・居眠り運転

・飲酒運転(飲酒運転はその場で結果が分かるので、報道されていない以上違うと予想できます)

 

ここで午後7時15分という時間に注目した。今は夏だし午後7時15分というとまだまだ明るい気がする。

であるとすれば、暗くて見えない・スーツの色で見えないなどの理由は消えていくことになる。加えて現場の見通しの良さ。

だとすれば、スマホ、居眠りあたりのようにも思えてくる。

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ