樋田じゅんや現在どこ?(樋田淳也)大阪府警は無能、目撃情報も不明確

樋田じゅんや
スポンサーリンク
スポンサーリンク

〇樋田じゅんや、未だ逮捕されず
 似た男の情報や不審者情報はあるが、今だ樋田じゅんや容疑者に関する情報は見つかっていない。それどころか、樋田じゅんや容疑者は、バイクひったくりなどの事件を起こしあざ笑うように警察を翻弄している。

〇ニュース記事は、「予測記事ばかり」
「大阪府内逃走中か?」「尼崎市に入ったか?」「防犯カメラに似た男を発見か?」など、樋田じゅんや容疑者の報道、目撃情報は疑問符ばかり。警察が、樋田じゅんや容疑者に関する正確な情報をほとんど掴んでいないことを証明しているかのようだ

〇大阪府警3000人態勢も、手掛かりなし
 大阪府警は、市民に本気を見せるため3000人を動員して樋田じゅんや容疑者の逮捕を目指している。だが、すでに大阪府内にいないんじゃないの?なんて話も出ている。たった1人の犯罪者を取り逃がし、未だ見つけることができない大阪府警に不満が集まっている

〇まったく捕まる様子が無く、世間は苛立ち
「3000人も動員して捕まんないって何してんの?探す気あんの?」
「大阪府警の無能を晒して、この1人の捜査でいくらの税金使ってんのかね」
「警察署内に防犯カメラが無かったことはいつになったら公表するんですか」

〇賞金1000万賭けた方が安く済む
 今大阪府警の3000人動員によってどれだけの人件費が掛かっているのかわからない。なので、1000万でも1億でもいいから懸賞金をかけてしまえばさっさと捕まると思うのだ。もっと平たく言えば、今の大阪府警に捕まえられるとは思えない。

〇樋田じゅんや容疑者を捕まえればヒーロー
 現状、世の中の99.99%の国民は樋田じゅんや容疑者の逮捕を望んでいる。しかもたった1人の犯罪者を拘束することもできない無能な大阪府警は、3000人態勢でも未だ尻尾さえ掴めていない始末。今この状況で樋田じゅんや容疑者を捕まえることができたなら、国民的なヒーローになるのは間違いないだろう。とはいえ、危険だからおすすめはしないが。

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ