塚原みつお、塚原ちえこ【ファックス声明文の内容】パワハラ会話を録音!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リオ五輪代表の宮川紗江選手18歳のパワハラ告発の問題で、塚原みつお、塚原ちえこのファックス声明文が注目を集めている

〇声明文の内容:謝罪部分
「18歳の宮川紗江選手に、このようなかいけんをさせてしまったことにつきまして、私たちに責任があることは確か」
「宮川紗江選手に対して、高圧的と思わせてしまったとすれば私の態度に問題があったと考えてとり誠に申し訳ない」

〇声明文の内容:しかし宮川紗江選手の訴えはほぼ否定
「わたしは当時の会話を録音している」
「この録音をお聴きいただければ、わたしが決して高圧的な態度ではないことが分かると思います」

〇録音目的が意味不明
 まず疑問なのは、録音を何故行われたのかが意味が分からない。ネットでは、「パワハラ、脅し行為になるだろうことが分かっていたから、あとで都合のいい部分だけを切りとれるように録音していたのでは?」という意見が大半を占めているようだ

〇宮川紗江選手の反応
「素直に謝罪の気持ちを受け止めました」
「ただ100倍よく教えられるという発言は、鮮明に記憶があるためウソなんじゃないかと思いました」
「(録音について)まったく気づかなかったし、こういう話をする中で、どうして録音なんてしているのかが疑問です。どういう意図で録音していたのかなって思います」
「徹底的に戦おうという姿勢は怖い」

〇録音の内容をまだ未公表
 録音の内容に関してはやがて公開されることになるだろう。音声の編集なども含めて要検査が必要だろう

〇宮川紗江選手のパワハラ問題の現状
【世論】夫婦で本部長、副会長してるっておかしいだろ。家族経営は大体胡散臭い
【日本体操協会】宮川紗江選手の味方。「18歳の少女がこのような嘘をつくはずがない」
【塚原夫妻】パワハラなんてしてない。証拠もある。言ったもん勝ちになる

宮川選手「納得いかない」 冒頭本人発言ノーカット版
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ