生田好男さん殺人事件【愛知県岡崎市】遺体の状況が怖すぎる惨殺事件

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【事件のニュース】

いつ起こった事件ですか?

8月31日正午過ぎに、警察に「生田好男さんが出勤していない」に通報、駆け付けた警察官が発見

どこで起こった事件ですか?

死亡した男性の自宅

死亡したのは誰ですか?

愛知県岡崎市橋目町の会社員53歳、生田好男

具体的にどのようなことをした事件ですか?

 1階のリビングで血を流した状態で発見された。
 遺体は、目隠しをされた上に手足を縛られた状態でうつぶせになり、首や腹が切られていた。つまり、生きている状態で手足を縛られて、意識があるのにもかかわらずいたぶるように切りつけられていた可能性もある

 現在、生田好男さんの妻の行方が分かっていない

〇生田好男さんに相当な恨みか?
 殺人は、両手足を縛ったうえで目隠しをしている中で行われたと見られている。だとすれば、生田好男に対する並々ならぬ怒りや怨念を感じる。人間は罪悪感の生き物、肢体を封じられ目隠しもされた人間の腹と首を切り裂くというのは相当な計画性と覚悟が無ければ到底行えるものではない

〇生田好男さんの腹には、複数の刺し傷
 殺人事件の怨念の強さについて、刺し傷の多さが加害者の意志の強さに比例すると言われている。生田好男さんは腹に何か所もの傷と、首を裂かれていた

〇奥さんの犯行かどうかは不明
 現在、奥さんの行方は分かっておらず、ひょっとすると何か事件に巻き込まれた可能性はある。

〇玄関には鍵
 しかし生田好男さんが発見された当時、自宅には鍵がかかっていた。鍵をかけることができるのは当然、生田好男さんと妻ぐらいしかいないだろう

〇部屋は荒らされていない
 くわえて部屋が荒らされた跡が全くないことからも外部犯の可能性は低いと見られている。

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ