舞山俊幸【福岡県筑紫野市】代行運転手が代行中の飲酒運転とかヤバすぎ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

報道内容まとめ

【いつ】8月24日、21時40分ごろ

【どこで】福岡県春日市惣利6丁目で、

【だれが】代行運転手の舞山俊幸が

【誰に】客が飲酒のため代行を依頼されて

【どのように】焼酎と酎ハイを2杯ずつ飲んでいたのにもかかわらず仕事に向かい

【なにを】住宅の壁に車体をこすり、基準値の8倍のアルコールが検出されて、飲酒運転で逮捕

【なぜ】飲酒運転なんかより金が欲しかったか

スポンサーリンク

舞山俊幸について

【名前】舞山俊幸

【年齢】53

【住所】筑紫野市紫2丁目

【職業】代行運転手

 代行運転手が代行の仕事中に飲酒運転するというのは、普通の人が飲酒運転とはわけが違う。飲酒運転はどうせバレないだろうと考えながら、面倒くささ(車で帰りたい)を感じることによって発生する。しかし、何らかの形で自制心を持ちやすいほど、飲酒運転はしない。自制心のもととなるのは、道徳心、捕まる恐怖らをはじめ、肩書きもその一つである。

〇代行運転手は、飲酒運転を最も意識する人物
 代行運転手は、飲酒者相手の車代行が最も多い。よって飲酒運転を最も意識している職業は何かと言われたら、警察や夜の仕事でもなく代行運転手である。にも拘わらず、代行運転手の舞山俊幸が基準値の8倍という飛びぬけた数値を出しているのは、そのヤバさを物語っている

〇舞山俊幸にはすでに飲酒運転の抵抗感カケラもなし
 もっとも抵抗感が強いだろう職業についている舞山俊幸にとって、飲酒運転はもはや日常と化していたのではないかという声がある。初めてだったなら、直前に酎ハイ2杯焼酎2杯を飲んでいたのは説明できない。つまりちょっとだけ飲むなどの躊躇のようすがまるでない。

〇警察官が痴漢調査中に痴漢するレベル
 舞山俊幸は今回の一件で免許取り消しを食らい、職を失うことになる。しかしながらこの所業を見ると、安心こそすれ同情することはありえない。
 

舞山俊幸へのネットの声

頭がおかしいんか?
代行業者って2人1組で行動するのが普通みたいだけど、相方どうした
ここまで抵抗ないってことは、飲酒運転やりまくりだろうね
客は詐欺で訴えればいいんじゃないの?
なにこれ
話のオチは笑い話なのに、全く笑えない稀有な事例。免許取り消しで一生運転すんな。
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ