大塚保 顔画像,facebook!大阪市東住吉区で自転車ひき逃げ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【大塚保容疑者:本記事4行要約】
大阪市東住吉区で、自転車のひき逃げ事件が起こった。

②しかも自転車は盗難車

逮捕されたのは東住吉区の会社員、大塚保容疑者47歳

④大塚保容疑者「怪我させたうえ、盗んだ自転車を放置して歩いて逃げました」

大塚保容疑者の自転車ひき逃げ事故【報道内容】

先月、大阪市東住吉区の路上で自転車に乗っていた男性が頭を打ち死亡した事件で、警察は盗難した自転車でひき逃げをした疑いで会社員の男を逮捕しました。

ひき逃げの疑いで逮捕されたのは、東住吉区の会社員・大塚保容疑者(47)です。

警察によると大塚容疑者は先月27日の午前2時ごろ、東住吉区西今川の路上を盗難した自転車で運転中に、自転車に乗っていた松本稔幸さん(当時41)とぶつかり、助けることなく逃げた疑いが持たれています。

松本さんは意識不明で搬送され翌日に脳挫傷で死亡しました。

警察は防犯カメラの映像から、現場近くに住む大塚容疑者を特定したということです。

大塚容疑者は「けがをさせたにも関わらず盗んだ自転車を放置して歩いて逃げた」と容疑を概ね認めています。

大塚保について

【名前】大塚保

【年齢】47

【住所】東住吉区

【職業】会社員

【容疑】自転車の盗難、ひき逃げ

【供述】「怪我をさせたにもかかわらず盗んだ時点を放置して歩いて逃げた」

大塚保でfacebookを検索してみましたが、該当者はいませんね。年齢的にはfacebookを主に使っている層からは離れているので、予想通りではあります。

【価値観】:犯罪に対する忌避感はかなり低いように思える。
自転車を盗難したこと、松本稔幸さんとぶつかり、血を出して動かないにもかからず逃亡したこと。今回のことは大塚保容疑者に積もり積もったものが一気に帰ってきたという印象を受ける。

【動機】:会社員という社会的地位もあり、自転車を盗難していることがバレたくなかった。さらには自転車は自分の物ではないので、バレないのではないかと期待したのではないでしょうか。

大塚保容疑者のひき逃げ場所と時系列

大塚保と松本さんがぶつかったのは、東住吉区西今川の路上です。

時間は午前2時頃、あたりは暗く人通りはほとんどなかったかもしれません。

以上の情報を鑑みて、時系列を一つ形成してみましょう

【大塚保のひき逃げ、推測できる1つの時系列】

大塚保は自転車を盗難した

夜中なので盗み放題か?一目は少ない

大塚保は、悠々と自転車を漕いでいた。

松本稔幸さんも自転車に乗っていた。もちろん自身のものだ

数分後、二人は、松本東住吉区西今川で衝突

松本稔幸さんは大きく転がり、頭を強く打った

大塚保容疑者は怪我はなかったのか?

松本稔幸さんは、地面に転がって動かない

大塚保容疑者はそれを見て、「盗難車だとバレたらまずい。深夜だし逃げればバレないだろう」と思ったか

大塚保容疑者は逃走

通行人が松本稔幸さんを発見

意識不明の状態で病院に搬送、間もなくなくなった

警察が防犯カメラの映像から、大塚保容疑者を割り出す

大塚保を逮捕

大塚保「けがをさせたにも関わらず盗んだ自転車を放置して歩いて逃げた」

大塚保容疑者、盗難車じゃなければすべて変わっていたかも・・・

大塚保容疑者が、盗難車だったから逃げたと仮定しよう。

「盗難車だから」こそ、すべての人間にとって最悪の展開になっている。盗難車じゃなければ、救急車を呼んでいたかもしれない。盗難車じゃなければ、松本稔幸さんは生きていたかもしれない。盗難車じゃなければ、ひき逃げをしていなかったかもしれない。

逃げなければ、自転車盗難の罪には問われていただろう。そして松本稔幸さんの命が助かったかもしれない。自転車同士の事故なのだから責任の割合も大きく違っただろうに。

この後の流れは、松本稔幸さんが一家の大黒柱かどうかで大きく違う。もしそうであったなら、慰謝料はとんでもない金額になり、大塚保容疑者はその慰謝料を払うためだけ働いていくことになる。

盗んだ自転車に、保険は降りない

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ