大野貴之さん死亡事故【十日町市上新井】足立区舎人の会社員バイク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【大野貴之さんの死亡交通事故記事:4行要約】

①十日町市上新井の県道でオートバイでガードロープに衝突する事故が起こった

②オートバイを運転していた男性は、頭を強く打つなどして死亡した

③死亡したのは、東京都足立区舎人の会社員、大野貴之さん

④11日午後1時25分頃に起きた事故だ

大野貴之(おおのたかゆき)さんについて

【名前】大野貴之

【年齢】26

【住所】足立区舎人

【職業】会社員

【事故】オートバイによる単身事故か?

【事故状況について】

ぶつかったというガードロープはコレ。

大野貴之さんは、ガードロップに衝突したことで身体を投げ出されて、頭を打ち死亡してしまいました。

【考えられる事故原因は2つ】

スリップしてハンドルをとられて、ガードロープにぶつかってしまった。単身事故の場合ですね。

もう一つは対向車が無理な追い抜きをしようとしたことで大野貴之さんが回避。慌てて横にハンドルを切ったことで操作が効かず、ガードロープにぶつかったということです。

このあたりの県道は急カーブはありませんし、曲がり切れなかったことによってガードロープに衝突するという現象はほとんど起こらないはずです。なので、上記の二つの可能性が高いと思われます

スポンサーリンク

バイク事故の恐さが分かる

ガードロープは、その弾力性からぶつかっても大破しないし、眼を剥くような大事故になりにくいです。もちろん正面から突っ込めば耐久性が低いことからほとんど役に立たないというデメリットもあります。しかし正面衝突がほとんどありえない事故では大きな力を発揮します。

バイクは例外です。今回の事故、大野貴之さんが仮に車であったなら、自身の車が多少傷ついて終わった事故です。バイクであるからこそ亡くなってしまったと言えるでしょう。

「バイクだったから」「乗用車なら」そういう事故は本当に多くで、例えば、聞き飽きるほど起こっている信号待ちの追突事故でさえ、バイクの運転手が亡くなる事故が起こっている。

バイクを運転するななんて思わないが、危険な乗り物であることは、もっと周知されていてもいいと思うのだが、なかなかそういうわけにもいかないようだ

スポンサーリンク
国内ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ