岡隆史(おかたかふみ)飲酒運転。市立橋南中学校の英語教師。津市の教諭

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【事件あらすじ】

①逮捕されたのは、三重県津市の橋南中学校の英語教師、岡隆史(おかたかふみ)42歳

②岡隆史容疑者は、飲酒運転をして縁石にぶつかりました

③「ふらついている車が縁石にぶつかった」と通報があって警察に逮捕されました

④岡隆史の飲酒運転が全く理解できない【後に解説】

岡隆史の飲酒運転【橋南中学校】

三重県津市の市立橋南中学校の英語教師・岡隆史容疑者(42)が24日未明、酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

 警察の調べによると、岡容疑者は24日午前0時45分ごろ、津市の県道で酒を飲んだ状態で車を運転した疑いです。「ふらついている車が縁石にぶつかった」などとの通報が警察にあり、岡容疑者に事情を聴いたところ酒の臭いがしたということです。

 調べに対し岡容疑者は容疑を認め、車を運転する直前に「懇親会」に参加していたと話しており、警察が詳しい経緯を調べています。

岡隆史(おかたかふみ)について【橋南中学校】

【名前】:岡隆史

【年齢】:42

【住所】:三重県津市

【職業】:橋南中学校の英語教師

【容疑】:酒気帯び運転

なぜ岡隆史は、教師の立場で飲酒運転ができるのか?

飲酒運転は、誰がやっても意味不明の言語道断だが、教師の飲酒運転が一番意味が分からない。

しかも中学校教師だ。岡隆史は学校で飲酒運転を取り扱うこともあるだろう。中学生たちに飲酒運転の話をしている時は一体どのようなことを考えながら教えているのか。

飲酒運転をするときに、捕まったらまずいなとか、絶対にやってはいけないなとかなんでもいいから自制心が働かないものなのだろうか。どうせバレないから良いだろうという気持ちで運転したのか。

その結果が、縁石にぶつかる事故だ。
通報者の言うことには、ふらついている車がということだった。
もし、もしもそれが人だった場合、岡隆史はどうなっているかというと、実刑判決を受ける。禁錮刑で2、3年入ることになる。

考えられない。意味が分からない。
岡隆史は、残念ながら懲戒停職、最悪懲戒免職になるものと思われる。仮に懲戒停職になったとしても、役職は外されるだろうし、受け持った担任でもなくなるだろう。加えて職員室では場所はなくなり、より一層精神的に追い込まれるものと思われる。どちらにしろ自業自得だ

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ