錦織圭の強さ|イチローより凄い!3つのポイントや年俸収入を見よ!

錦織圭の凄さ
スポンサーリンク

「錦織圭は、ほんまに強いんやで」をぜひみなにしってもらうべく、僕は記事を書いた。

なめくじやろうの僕から見れば、エベレストもマッターホルンも富士山もいと高き山ですが。これだけは言いたい。実績で言えば、実はイチローよりも上である(怒られそう)と

イチローがすごいのはわかっているから、怒らず読んでほしい。錦織圭がレジェンドであるということを。

スポンサーリンク

凄いポイント①錦織圭の成績、実績をまず見る

最高ランキング:4位(マスコミがやるみたいな、実は部分的4位のような巧妙な変な数字ではなく、間違いなく世界4位)

グランドスラムの結果:準優勝を1回。ベスト4を2回、ベスト8を4回、ベスト16を2回
※グランドスラムとは、テニスの1番上の大会だ。

うーん凄い!錦織圭凄いぞ!多分あなたは思っただろう。「は? 優勝してないんじゃが!?」「ぜんぜんすごくないんじゃが!」「イチロー様は内野安打歴代1位記録持ってるんじゃが!」

しかし早とちりである。まずは日本人の中でずば抜けている成績も見ていい

日本人ランキング
1位:1710ポイント(21位)←錦織圭
2位:1070ポイント(44位)
3位:711ポイント(82位)
4位:341ポイント(161位)
5位:322ポイント(180位)

錦織圭選手は最近不調でした。不調でこのずば抜けたポイントと順位である。ほとんど2位と3位を足した数字というのが凄い。

ちなみに修造さんは最高ランキング46位で、実は日本2位の人に更新されている。あんまり話題になっていないのは悲しい。

あなたは思っただろう「わからんちん。いいかげんにせえよ」と。

なので、なぜイチローより凄いと言い切るのかを、野球とテニスの差を持って紹介したい。

スポンサーリンク

凄いポイント②圧倒的プレイヤー人口の中で4位

ぼくが注目したいのは、人口だ。

たくさんプレイヤーがいれば体格の劣る日本人は損であり、トップに行く難易度が高まるということだ。

プレイヤー人口ランキングは以下である。

1位:バスケット4億5000万人
2位:サッカー2億5000万人
3位:クリケット1億数千万人
4位:テニス1億人
5位:LoL9000万人
6位:ゴルフ6500万人
7位:野球3000万人

野球の人口3000万人。
イチローの最盛期の成績は、メジャーも入れてトップ5の選手に入っているかと言われたら、実は入っていない。

確かにイチローは歴代最高安打数を叩き出し、5年連続シーズン最高安打数を記録した。そりゃもう、日本人バッターの記録の中ではぶち抜けて凄い成績だ。

しかしイチローは、メジャーの中の評価だと「安打はずば抜けた才能があるのは間違いないけど怖くない打者」という認識をされている

メジャーでは、ホームランを打ってこない、得点につながらない打者としてあまり恐れられていなかったからだ。出塁率は、打率+0.1もなく、打点も60前後。

わかり易い例として、イチローが262本の安打数世界記録を果たした年の、ナンバーワンバッターの呼び声高い、バリーボンズを比較してみる。

イチロー:打率.372 安打262 打点69 四球30 出塁率.381
ボンズ:打率.362 安打135 打点101 四球232 出塁率.609

どうだろうか。特に四球の数に注目してほしい。イチローはこの年、1塁打を225本打ったけれど、ボンズは232回、なんにもしなくても四球で1塁に進んでいる。

つまり、イチローが本当に凄いバッターであることは認めた上で、それでもメジャー全体で超一流だったかと言われると、客観的なデータとしては実は違う。

ここが錦織圭選手の凄いところだ。

つまり、あの天才バッターイチローでさえ、世界という目で見れば、トップ5のバッターに入ることはできていないにもかかわらず、錦織圭選手は、野球の人口3倍のスポーツで世界4位を取った事があり、グランドスラムでは2位まで行った。

どうだろうか。すこし錦織圭選手の凄さが伝わったのではないだろうか。

錦織圭選手は本当に強いので、日本人全体でもっと応援するべきだと思うのだが、あんまりメディアは取り上げないよね。残念である。

最後に、年俸を見て終わりとしよう

スポンサーリンク

凄いポイント③日本人で1人ずば抜けて稼いでいるスポーツ選手

サッカー、野球とありとあらゆるスポーツを入れて、

最も稼いでいるスポーツ選手は錦織圭選手だ。

ランキングは以下の様になる
1位:錦織圭(テニス)35億
2位:田中将大(野球)25億
3位:石川遼(ゴルフ)15億
4位:ダルビッシュ有(野球)13億
5位:松山英樹(ゴルフ)11.5億
6位:本田圭佑(サッカー)10億
7位:香川真司(サッカー)9億
8位:岩隈久志(野球)8億
9位:上原浩治(野球)6.5億
10位:長谷部誠(サッカー)6億

1人だけテニスで圧倒的な成績を残しているのがこのランキングから見てもよくわかりますね。

実はゴルフの松山英樹選手も世界ランキング4位で、石川遼選手の最高29位を軽く超えており、めちゃくちゃ凄い選手です。野球の2倍以上の人口があるスポーツですしね。

この年俸ランキングから、錦織圭選手だけ、日本トッププレイヤー!という枠をちょっと外れた、世界トッププレイヤーの枠に入っていることが規模感として伝わったら嬉しい。

スポーツ
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ