中井りかの彼氏の職業は?総選挙の動画。スクープ概要。

スポンサーリンク

そして衣装鬼カワでした💭💗💭💗

中井りか(Nakai Rika)さん(@rika___n24x)がシェアした投稿 –

今日取り上げるのは、中井りか。

NGTの中井りかさんでありますが、
半同棲の交際相手がいるということで、文春砲のスクープで明らかになった。

スポンサーリンク

中井りかの総選挙2018での動画

中井りか「わたし、やっちまいました。木曜日の朝にですね、四名の記者の方に囲まれて、突撃取材を受けました。それでもですね、最後に一つ言わせてください、アイドルだって色々あるんだよ!ありがとうございました!」

徳光「やっちまったか」

中井りか「やっちまいました、すいません」

徳光「それでもファンは続けていくよね?」

中井りか「はい、ファンの方々には本当に感謝しています。出来る限り続けていきたいです」

ぼくはこの子好きだなー、可愛いし、顔小っちゃいし。徳光顔デカすぎだろ。そして徳光の器もでかい。

中井りかのプロフィール

順位変動は、
2016年に96位、2017年に23位、2018年に37位。

中井りか、愛称はりかちゃん、りか姫
生年月日1997年8月23日20才
出身富山県、身長156cm
NGT48、太田プロダクション所属

可愛らしく背も小っちゃくて、顔もちっちゃい美少女ですが、炎上クイーンなんて呼ばれるぐらい過激発言を連発しており、結構強気な性格をしているようだ。

アンチファンに「うっせー、帰れ!」と言い返したり、夢を聞かれた時には「お金をもらえればなんでもいい」という発言をしたりする。

きゃるるーんみたいなのがアイドルだということはないし、「なんかアイドルオーディション受かったからやるかー」みたいないきおいだけの感覚なのかもしれない。可愛いから全然いいけど

中井りかはファンと半同棲?スクープの概要

2018年6月16日土曜日に、「直撃!週刊文春ライブ」が中井りかの半同棲をスクープした。

文春砲のスクープによると、
中井りかさんのマンションには、男性が半同棲状態で出入りしており、男性には鍵を預けて、自由に出入りしている。

中井りかさんが仕事から帰ってくる前にはマンションに入る。次の日には中井さんが仕事で外出したのち、数時間後になると男性もマンションから出てくるということ。

本人も半同棲状態であること、彼氏がいることは完全に認めており、事実であるようだ。

となると、男の職業が気になるところだ。そして案の定、というかまさかというか、僕の予想通りであるようだ。

中井りかの彼氏の職業は?

男性は、握手会にあしげく通っていた関西のファンの男であるらしい。

しかも無職の!

相手の男性は、無職のアイドルの彼氏!つまり男として一度はなってみたい職業ランキング1位、「アイドルのヒモ」である。

アイドルファンの究極完全体となりあがった無職である彼が、ぼくはめちゃくちゃ羨ましいぞ。ヒモはやったことがあるが、アイドルではなかった。完全にぼくより上じゃないか。

アイドルファンはどこを目指しているのか?

ぼくはアイドルファンというものがどういうものなのかわからないのだが、一つ疑問がある。

それはアイドルオタクが一体なにを目指しているのかということだ。アイドルの最終願望と言えば、アイドルと付き合いたいということだろう。

中井りかの彼氏は、握手会にひんぱんに通った関西のファンであるというし、いわばファンの夢をかなえた男であるという。しかも無職のヒモ野郎だ。

羨ましいし、悔しいという想いはあるけれど、この男を叩く行為は、自分がアイドルとお近づきになることを妄想の中でさえ否定する行為になると、気づいているのだろうか。

気付いているのだとすれば、ジレンマだろうし、さぞむなしいことになっているのかもしれない。
同志の足を引っ張り合うのか、自分と同じ夢を見る男を讃えられるのか、男としての器量が問われるところではないだろうか。

ちなみに僕なら、両足に全力で絡みついたうえで、全体重をかけながら雄たけびを上げて仲間を呼び、地の底まで引きずりおろす。アイドルとして許されないと道徳を説きながら、抜け駆けなど許すまじと内心は嫉妬で染まっている。そしてぼくは抜け駆けする気まんまんだ。だって人間だもの

中井りかのスクープへの事務所の反応

一見普通に見えますが、順位入りしたメンバーの中で、唯一「おめでとうございます」の言葉がない。

圧倒的、無言の抗議である。ということは多分なく、

(ファンはすっごい怒ってるだろうなー、おめでとうございますって挑発してるみたいやないか)と書き直しただけでしょう

中井りかのファンの反応

以外にもファン自体の叫びの声が見当たらない・・・

中井りか推しではない人たちが、「他のメンバーに迷惑掛けるな」「運営には相応の対応を望む」なんていうことを言っているようだが、もしかしたら残るのだろうか。

今後の展開が気になるところである。

芸能
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ