松村裕生 逮捕【三原市本郷南】ボランティア無職54歳、市職員に暴行

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【松村裕生のボランティア暴行あらすじ】

1:逮捕されたのは、三原市本郷南の無職、松村裕生54歳

2:支援物資を配布していた男性に「わしをなめとんか!」などといい、職員の座っている椅子を蹴った

3:松村裕生は「足が当たっただけ」と容疑を否認している

4:松村裕生はボランティアとして来ていたようだが、一体何があったのか

松村裕生の暴行事件、報道内容【三原市本郷南】

広島県警三原署は31日、西日本豪雨で被災した同県三原市の避難所で市職員に暴行したとして、公務執行妨害容疑で、三原市本郷南、無職、松村裕生容疑者(54)を逮捕した。「足が当たっただけ」と容疑を否認している。

逮捕容疑は17日午前8時15分ごろ、避難所で支援物資を配布していた男性職員に対し、「わしをなめとんか」などといい、職員が座っていた椅子を蹴って職務を妨害した疑い。

同署によると、松村容疑者はボランティアで避難所に出入りしていた。何らかのトラブルがあったとみて動機を調べている。

松村裕生について【ボランティア】

【名前】松村裕生

【年齢】54

【住所】三原市本郷南

【職業】無職

松村裕生は、ボランティアとして避難所を出入りしていたようです。

ネットでは「無職なのになんで?」「無職でボランティアって、余裕があってからやれよ」という声がありましたが、松村裕生容疑者の住所も考えると事情は察します。

つまり、三原市本郷南が住所ということで、松村裕生自身も被災者ですね。被災者の中でも被害が少なかったのかもしれません。

では、三原市の避難所で一体何があったのか、松原裕生の暴行時系列を推察していこうと思います。

松村裕生の犯行場所

救助要請!! 広島県三原市 被害報道 水や物資がない状態です
広島県三原市本郷町水没後の様子2(7/8)

広島県の三原市本郷と言えば、広島県の災害地域で最も酷い場所の一つです。

松村裕生もこの場所でボランティアをしていたということですね。ボランティアをすることは素晴らしいことです。では一体なぜ、何についてもめたのか。時系列を見ながら推察していきます

松村裕生の犯行時系列と動機考察

【松村裕生の公務執行妨害:時系列を推測する】

松村裕生は無職です

松村裕生は三原市本郷南に住んでいます

松村裕生も余裕はないはずですか、近場の被災地にボランティアに向かいます

松村裕生は、三原市でボランティアを始めました(おそらく本郷だと思います。一番ひどい場所で避難所も設置されている場所です。松村裕生の住所からも非常に近いです)

松村裕生はボランティアとして避難所を出入りしていました

松村裕生は、支援物資を配布していた男性に対して、「わしをなめとんか!」と言い、椅子を蹴飛ばしました

警察が呼ばれて、松村裕生は逮捕されました

松村裕生は、「足が当たっただけ」と容疑を否認しています。

情報を整理すると、おおよそ答えは出てきた気がします。

①松村裕生の生活環境
②自分にも余裕がないはずなのに、松村裕生が近場のボランティアに来た理由
支援物資を配布していた男性に対して激怒したことこの

3つに該当する、松村裕生の根本的な欲求とはなんだと思いますか?

事実かどうかはわかりませんし、あくまで推測でしかありませんけどね。ただ状況を整理すると、なんか見えてくるよねーという話ですね。

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ