作家、古野まほろの正体は?暴言の経緯からの流れ、経歴プロフィール全部紹介

スポンサーリンク

この手の炎上は絶えませんね。

個人を特定できるアカウントでつぶやいて、

それを見た著名人が怒る。

 

規律を重んじる日本ですから、著名人は他者の見本になるような行動を取っておいた方が、無難だと思っている反面、

正直「批判を書くのは自由」と言うなら、「批判を批判するのも自由」と思うので、喧嘩両成敗で良いんじゃないかと思ったりします。

 

といっても、暴言がめちゃくちゃ酷いことや学歴煽りをしたこともあり、自分が馬鹿にされたように共感をした多くの人が、作家に批判的な部分が世論になっているのかなーと。

北大ミス研側、古野まほろ側のどちらに傾いても、偏見が混じりそうなので、

+-の情報をバランスよく入れていこうと思います。

とりあえず、プロフィールから見てみましょう。

古野まほろのプロフィール

東京大学卒

警察キャリア出身のミステリー作家。

2007年にメフィスト賞からデビュー。

長編20作品、短編25作品を10年間で出していて、結構ストイックらしい。

 

メフィスト賞と言えば、「すべてはFになる」から始まった賞ですね。

江戸川乱歩賞とおなじく、受賞者にはシャーロックホームズ像が送られます。

賞金はなく、有名な賞であるため本はかなり売れ、その印税が賞金の代わりですね。

発端から結末まで

北大にある、とあるミステリー研究サークルのツイッターが発端になりました。

暴言は非常に酷いものですね。先ほども言いましたが、

偏差値57を猿と表現するのは、「世の中の60%は猿」と言っていることに等しいです。

これは炎上してしまうのも仕方ないかなと思います。

 

しかし実は混乱しているミステリーファン界隈

実は、古野まほろさんのツイートを振り返って見ると、

あの程度の暴言は日常茶飯事だったようです。

「よりにもよって今発見されるの!?」感がある

まあでも今回のケース、古野まほろ先生だし、普通に「日常だな」と思いますね

まほろ先生もミス研も普段通りなのに、周りが勝手に騒いでるんだよなー

文脈依存のお気持ちの話なので本当にアレなんですけど、○大ミス研め…という気持ちは強いですね

同時に、北大のミステリ―研究会もちょっとしたやんちゃグループとして世に知られており、

近づきがたいなーという印象が強いようです。

つまり、悪童同士のネットのじゃれ付きを、普段見ない多くの人の目に留まって、不快感が広がってしまったことが原因なんでしょうね。

他人の喧嘩を見て不愉快になるみたいな。そして今回はタマタマ北大のミステリー研究会の悪いところはバレなかった。

それにしても古野まほろ先生、口悪いな(笑)

 

ちなみに「猿はシェイクスピア打てないんだった」は個人的に好きです。

無限の猿の定理ですね。頭がいいのは本当だ。

やっぱ言葉の使い方って大事だなって、作家やんけ

今回の件って結局、

暴言の対象が、不特定多数の世間に波及していることが要因ですよね。

 

特に、「東大卒」で「学歴煽り」をする人の印象というのは極めて悪いですし、

ものすごくわかりやすい敵になってます。

 

加えて、作家という言葉選びのプロが、世間の目に入ったらどのようなことになるのか、想像できていないことが、

世のネットユーザーからしたら信じられないことですし、極めて不道徳な行為と言っていいでしょう。

ネットが存在する世界ならではの道徳、

不特定多数が目に入った時に不愉快になるような言葉遣いには気を付ける」をわかっていなければなーと思ったりします。

 

ミステリーファン界隈でもはいつもどおりなんて言っていますが、

やっぱりネットというのは、ミステリーファン界隈しか存在していないわけでなく、完全なオープンワールドで、多くの人の目に留まります。

大事なのは『オープンワールドで言葉のプロが、不特定多数が不愉快になる言葉をまき散らしている』という1点ですからね。例えは悪いですが、違法店が数年越しに見つかったみたいな感じでしょうか。

作家という職業はとても尊敬出来ますが、やっぱり暴言ネットで言っちゃダメですね、皆さんも気を付けましょう。

 

まとめ:ネットで作品批判をするのは、どうなのか

いろんな意見があるのでしょうが、

結局は、「極力他人を不愉快にさせるようなことはしない」というのが基本になるのかなーと思います。

「批判がダメ?言いたいことが言えなくなる」なんて言う人がいますけど、

同じ意味でも、言葉の使い方次第でいくらでも他人を不愉快にさせないことはできると思うんですよね。

 

好きな人と映画を見て、面白くなかったけど、好きなあの子は面白かったと言った。

「プレゼントあげるシーン、切なかったよねー」

と詰まらなかった中でも、好きなシーンを上げるのは定番ですし、

面白くなかった原因は一つじゃないわけで、人を不愉快にさせない部分の原因を言ったりとか。

 

それでも結局人がその文字を見たときに、不愉快になることもありますから、

人の悪口は極力書かないようにした方が、色んな意味で無難なんだなーと結論。

エンタメ
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ