子供の名前

Genesis2.0の全内容公開!遺伝子検査キットで何が分かるかダイエットを中心に効果的な使い方も解説

Sponsored Links

 

Genesis2.0

Genesis2.0遺伝子検査キット?は? 360項目ってなんやねん。中身が大事でしょう。中身詳しく書いとけや。

という迷える方々のために、不肖わたくしが、360項目を調べてまいりました。

調べた内容は、下スクロールで見ることが出来ますが、そのまえに、360項目を見て、結局どういうことに使えるのか、どう私たちに効果があるのか、結論として書いていきます。

それはずばり、健康の宝の地図です。

「ダイエット法が多すぎて、どれにすればいいかわからない」
「自分に合わないことするのも嫌だしなー」
そんなことを思ったことがある人はいるのではないでしょうか。

情報過多社会。ダイエット1つとっても、ありとあらゆる方法があります。

食事制限と運動どっちを優先するか。そこからさらに、糖質制限するのか、脂質制限をするのか、トマトやキャベツを食べて痩せるのか。運動なら有酸素運動をするとか筋肉をつけて代謝を増やすとか。

私たちは、そういった情報を自分で選択して、実践していかなければなりません。しかし実際にやってみると、あっちもいいなーこっちもいいなー、どっちがいいんだよ、もっと効率を・・・・・・

なんて繰り返していくうちに、結局ダイエットの迷路をさまようことになり、ひたすら頭を抱えて悩んでしまい、モチベーションも上がらないわけです。

そこで、役に立ってくるのが、この遺伝子検査です。

迷宮のような現代社会で、ダイエットをはじめありとあらゆる健康の宝の地図となってくれるGenesis2.0遺伝子検査キット。

360項目内容に、それらの項目がどのようにダイエットに役に立って行くのか解説していこうと思います。
では具体的に何が分かるのか、全項目を見てみましょう。

360の全項目の中身公開

検査内容 項目
がん 大腸がん / 胃がん / 非噴門胃がん / スキルス胃がん / 食道がん / 肝臓がん / 胆嚢がん / 膵臓がん / 甲状腺がん / 肺がん(肺腺がん) / 肺がん(非小細胞肺がん) / 肺がん(扁平上皮がん) / 喉頭がん / 腎臓がん / 膀胱がん / 神経膠腫 / 基底細胞がん / 黒色腫 / 乳房外パジェット病 / 乳がん / 子宮頸がん / 上皮性卵巣がん / 子宮体がん(子宮内膜がん) / 前立腺がん / 精巣がん / 多発性骨髄腫 / 大細胞型B細胞リンパ腫 / ホジキンリンパ腫 / 骨肉腫 / ユーイング肉腫 / 小児急性リンパ性白血病 / 腎芽細胞腫(ウィルムス腫瘍) / 複数のがん(肺がん、胃がん、および食道がん)
循環器 心筋梗塞 / 冠動脈疾患 / 冠動脈攣縮 / 冠動脈の石灰化 / 高コレステロール血症者の冠動脈疾患 / 脳卒中 / 脳動脈瘤 / 末梢動脈疾患 / 静脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群) / 腹部大動脈瘤 / 川崎病 / 高血圧 / 収縮期血圧 / 拡張期血圧 / 本態性高血圧の発症時期 / 塩分摂取による血圧変化 / 冷温刺激による血圧変動 / 起立性低血圧 / アテローム性動脈硬化 / 頸動脈壁の厚さ(内膜中膜複合体厚) /上腕血圧比 / 心拍数 / R波の高さ / 心電図の特徴(PR間隔) / 心電図の特徴(QRS間隔) / 心電図の特徴(QT間隔) / 心房細動 / ブルガダ症候群 / 僧帽弁逸脱症 / 左心室の内径(拡張期) / 大動脈基部の大きさ / 心臓脂肪の付きやすさ
呼吸器 喘息 / 小児喘息 / 慢性閉塞性肺疾患 / 肺気腫 / 努力肺活量 / 1秒間努力呼気容量(FEV1) / FEV1とFVCの比率 / 結核 / 高山病
消化器 片頭痛 / 前兆のない片頭痛 / 下肢静止不能症候群(むずむず脚症候群) / 本態性振戦 / 職業性ジストニア / 神経性無食欲症
神経系 脳卒中 / 片頭痛 / 前兆のない片頭痛 / 乗り物酔い / 髄膜炎
内分泌 2型糖尿病 / 膵炎 / バセドウ病 / 甲状腺機能低下症 / 橋本病 / 甲状腺の大きさ
泌尿器 慢性腎臓病 / 腎臓結石(尿路結石) / 2型糖尿病性腎症 / 推算糸球体濾過量 / 小児ネフローゼ症候群 / 尿道下裂
骨・関節 骨粗鬆症 / 骨密度(大腿骨の付け根) / 骨密度(背骨) / 骨折のしやすさ / ビタミンD欠乏症 / 骨パジェット病 / 痛風 / 関節リウマチ / 乾癬性関節炎 / 変形性関節症 / 椎間板変性症 / 脊柱側弯症
皮膚 アトピー性皮膚炎 / 乾癬 / ケロイド / 白斑 / 肌タイプ(シワ・シミ・抗酸化力) / 顔のシミのできやすさ / そばかす / ニキビ / 肌の明るさ / 肌の色 / 円形脱毛症 / デュピュイトラン拘縮
血液・免疫 赤血球数 / 白血球数 / 血小板数 / 単球数 / 好中球数 / 好酸球数 / 好塩基球数 / 平均赤血球ヘモグロビン量 / 平均赤血球ヘモグロビン濃度 / 鉄欠乏性貧血 / 平均赤血球容積 / 平均血小板容積 / ヘマトクリット値 / 血液中のアディポネクチン濃度 / 血液中の甲状腺ホルモン濃度 / 血液中の甲状腺刺激ホルモン濃度 / 血液中のインスリン濃度 / 血液中のレジスチン濃度 / 空腹時血漿グルコース濃度 / 善玉コレステロール値 / 悪玉コレステロール値 / 血液中の中性脂肪濃度 / 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:ADP) / 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:エピネフリン) / 血の止まりやすさ(血小板の凝集反応:コラーゲン) / 血液中のホモシステイン濃度 / 血液中のプラスミノーゲン活性化因子濃度 / 血液中のプラスミノーゲン濃度 / 肝臓酵素レベル(ALT) / 肝臓酵素レベル(ALP) / 肝臓酵素レベル(γGTP) / フィッシャー比 / 血液中の総タンパク質濃度 / 血液中のアルブミン濃度 / 血液中の非アルブミンタンパク質濃度 / ビリルビン値 / 血液中のIgG濃度 / 血液中のIgE濃度 / 血液中のIgM濃度 / 血液中のIgA濃度 / 血液中のガレクチン濃度 / 血液中のα1-アンチトリプシン濃度 / 血液中のC反応性タンパク濃度 / 血液中の心筋トロポニンT濃度 / 血清中のクレアチンキナーゼ濃度 / 血液中のフィブリノーゲン濃度 / 血液中の尿酸濃度 / 血液中の尿素窒素濃度 / 血液中のクレアチニン濃度 / 血液中のアスパルチルフェニルアラニン濃度
近視 / 遠視 / 角膜乱視 / 白内障 / 緑内障(原発開放隅角) / 急性緑内障(原発閉塞隅角) / 落屑症候群 / 加齢黄斑変性症 / 糖尿病網膜症 / バセドウ病眼症 / 原田病 / 瞳孔の対光反射 / 眼軸長 / 角膜曲率 / 角膜の厚さ / 視神経乳頭の大きさ
耳鼻咽喉 耳垢タイプ / 加齢による難聴 / 耳硬化症 / 耳の角度 / 耳たぶの大きさ / 耳の淵の巻き具合 / 副鼻腔炎
口腔・歯 虫歯 / 歯周病 / 口内炎 / 親知らずの非形成 / 永久歯の生える時期 / 乳歯の生える時期 / 前歯の裏の形 / 奥歯の大きさ
感染症 ノロウイルス感染 / 帯状疱疹 / 髄膜炎 / 腸チフス / ハンセン病 / デング熱ショック症候群 / 重症マラリア / 後天性免疫不全症候群の進行
アレルギー アレルギー体質 / アレルギー性鼻炎 / スギ花粉症 / ピーナッツアレルギー / 金属アレルギー(ニッケル)
栄養素 血液中のビタミンA濃度 / 血液中のビタミンB6濃度 / 血液中のビタミンB12濃度 / 血液中のビタミンD濃度 / 血液中のビタミンE濃度 / 血液中のレチノール(ビタミンA)濃度 / 血液中のβカロテン濃度 / 血液中のリン濃度 / 血液中のカルシウムイオン濃度 / 血液中のマグネシウム濃度 / 血液中の鉄分濃度 / 血液中のグリシン濃度 / 血液中のアラニン濃度 / 血液中のロイシン濃度 / 血液中のイノシン濃度 / 血液中のバリン濃度 / 血液中のセリン濃度 / 血液中のリジン濃度 / 血液中のヒスチジン濃度 / 血液中のプロリン濃度 / 血液中のグルタミン濃度 / 血液中のアスパラギン濃度 / 血液中のチロシン濃度 / 血液中のフェニルアラニン濃度 / 血液中のトリプトファン濃度 / 血液中のクエン酸濃度 / 血液中のカルニチン濃度 / 血液中のαリノレン酸濃度 / 血液中のγ-リノレン酸濃度 / 血液中のリノール酸濃度 / 血液中のアドレン酸濃度 / 血液中のアラキドン酸濃度 / 血液中のジホモ-γ-リノレン酸濃度 / 血液中のDHA/EPA濃度
体型・体格 身長 / 座高比 / 肥満タイプ(男性向け) / 肥満タイプ(女性向け) / 女性のウエスト-ヒップ比 / 男性のウエスト-ヒップ比 / 女性のヒップサイズ / 女性のウェストサイズ / 男性のウェストサイズ / BMI / 体脂肪率 / 内臓脂肪/皮下脂肪率 / 内臓脂肪 / 皮下脂肪 / 除脂肪体重 / 唇の厚さ / 鼻根の高さ / 海馬の大きさ / 扁桃体の大きさ / 頭蓋内容積 / 幼少期の頭の大きさ / 出生時体重 / 人差し指と薬指の長さの比率
志向性/行動 アルコール依存症 / 飲酒量 / ワイン好き / ニコチン依存症 / 喫煙量 / カフェイン消費量 / コーヒーの消費量 / カフェインによる不安の感じやすさ / 甘いものの摂取傾向 / たんぱく質の摂取傾向 / 炭水化物と脂質の摂取傾向 / 買いだめ傾向 / 心的外傷後ストレス障害
睡眠 夜型傾向 / 睡眠時間 / 歯ぎしり / 閉塞性睡眠時無呼吸症候群 / 過眠症(HLA-DQB1*06:02 negative)
能力/体質 アルコール代謝 / アルコール代謝2 / カフェイン代謝の速さ / コチニンのグルクロン酸抱合 / アクリルアミドの解毒能力 / 抗酸化物の産生 / 抗酸化酵素活性 / うま味の感じやすさ / 痛みの感じやすさ / 匂いの感じやすさ(イソ吉草酸) / 匂いの感じやすさ(アスパラガスの代謝産物) / 匂いの感じやすさ(ブルーチーズ) / 匂いの感じやすさ(麦芽) / 匂いの感じやすさ(林檎) / 匂いの感じやすさ(花の香り) / カフェインの苦味の感じやすさ / フェニルチオカルバミドの苦味の感じやすさ / キニーネの苦味の感じやすさ / プロピルチオウラシルの苦味の感じやすさ / 筋肉の発達 / 握力 / 運動能力(無酸素運動) / 運動能力(有酸素運動) / 記憶力 / 加齢による”脳力”への影響 / 計算速度 / 情報処理速度 -Digit symbol (DS)- / 情報処理速度 -Symbol search (SS)- / 情報処理速度 -Inspection time (IT)- / 情報処理速度 -Simple RT (SRT)- / 情報処理速度 -2-choice RT- / 情報処理速度 -4-choice RT- / 情報処理速度 -8-choice RT- / 情報処理速度 -Speed Factor- / 聴力 / 音程に関する能力 / 目の色 / 髪の形状 / 体臭の強さ / 長寿 / テロメアの長さ / 乗り物酔い / 光くしゃみ反射
性別 / 男性 男性型脱毛症 / 勃起不全 (ED) / 精子の数 / 精子減少症 / 非閉塞性無精子症 / 血液中のPSA濃度 / 血液中のテストステロン濃度 / 血液中の硫酸アンドロステロン濃度 / 男性の血液中の卵胞刺激ホルモン濃度
性別 / 女性 胸の大きさ / 子宮内膜症 / 子宮筋腫 / 多嚢胞性卵巣症候群 / 初潮の時期 / 閉経時期 / 血液中の抗ミュラー管ホルモン濃度 / 妊娠糖尿病 / 妊娠高血圧腎症 / 妊娠性肝内胆汁うっ滞
祖先 ミトコンドリアハプログループ / Y染色体ハプログループ*1

項目が多すぎて混乱している人のために、まとめる

大量にずらっと並んでいるものを見ると、気がめいりますね。私も自分で表示しておいて、「???」となり、少しキレそうになりました。

なので役に立ちそうな項目をピックアップしておきます。

まずは当然ダイエット関連

体型・体格:肥満タイプ(女性男性)

自分がどういう理由で太りやすいのか、が分かる項目です。太りやすい原因が分かれば、あとは原因を制御していくことが非常に有効なダイエット手段となるわけです。

タイプは、4つのうちのどれかで表示されます。
①リンゴ型
②洋ナシ型
③バナナ型
④アダム・イブ型

①リンゴ型は、お菓子食べ過ぎに注意

糖質でぶくぶくしていくタイプです。

ケーキを食べれば人の倍太り、ドーナツを食べれば人の3倍太ります。
というのは冗談ですが、糖質で太りやすいため、他の人よりも食べ過ぎたときの影響が大きくなります。

リンゴ型だと分かれば、より危機感を持ってスイーツバイキングに望むことが出来ますね。

②洋ナシ型は、肉やスナック菓子が敵

油ものなど天敵であるのが、洋ナシ型です。

中華料理を腹いっぱい食べ、ラーメンを週2、3回食べてしまったら、それはもう太っていくでしょう。

洋ナシ型だと判明すると、ついつい完食してしまうスナック類への対策にもなるかもしれません。

③バナナ型は、代謝が悪いです

筋肉がつきにくい、それがバナナ型です。

本来、程よい運動をして健康な体を作り上げれば代謝が上がり、たくさんエネルギーを消費してくれます。しかしバナナ型は人よりも筋肉がつきにくいので、なかなか代謝も上がりません。

もしバナナ型だと分かれば、最初に筋肉をつけるまでに根気がいると分かります。一度でもつけてしまえばいいわけですから、運動への意識づけが高まるのではないでしょうか。

④アダム・イブ型は、生活習慣が乱れている人です

太るべくして太っていくのが、アダム・イブ型です。

リンゴ・洋ナシ・バナナと違い、アダム・イブ型は言い訳しようもなく、単なる努力不足が肥満体系へと導いていきます。

そして、『ダイエットしたい』と思っている人にとって、もっとも理想的なのが、このアダム・イブ型であるとも言えます。

なぜなら、何のハンデもなく痩せるポテンシャルを持っているということですからね。アダム・イブ型だと分かれば、もうあとは自分の努力次第だと分かるので、ダイエットへのモチベーションも一気に上がるのではないでしょうか。

以上が、『太ってしまう原因が分かる項目』でした。
まだまだダイエットに役立つ情報はありますよ。たとえば、次です。

志向性/行動

この項目には、以下のような項目があります。

①甘いものの摂取傾向
②タンパク質の摂取傾向
③炭水化物と脂質の摂取傾向

どれも非常に体型に直結する項目ですね。
ここで例えば、『甘いものの摂取傾向』が分かっただけでも、行動は大きく変化するのではないでしょうか

「私は人よりも甘いものを食べている傾向にあるから、ちょっと控えようかな」
「ちょっとだけとか言いながら、食べ過ぎてないかな……」

こうやって、ダイエットの弱点が分かるのはGenesis2.0という遺伝子検査の良いところではないでしょうか。

他のダイエットの参考になる項目

例えば、体質の【筋肉の発達】を見れば、筋肉がどの程度なのかが分かります。すると代謝能力が低いのか高いのかが分かるので、自分が食事制限と運動をどちらを改善していくべきなのかも見えてきますね。

体脂肪率、皮下脂肪率、内臓脂肪率、皮下脂肪、BMIなどまだまだ多すぎるほど情報があります。

ダイエットしたい女性には、効果的に働いてくれるのではないでしょうか。

もちろん、項目はダイエットに役立つことばかりではありません。ついでに、ぱぱぱっと見ていきましょう。

皮膚:肌タイプ

どういう肌の問題を抱えやすいかが分かる項目です

評価項目は3つ
①シワ
②シミ
③抗酸化力

これらを知ると、今後自分がどの項目を率先してやるべきか、人並みにしていればいいのかなどを知ることができます。美肌を作るためにもかなり有力な情報です。

①シワ:普通、できやすい

シワのできやすさを、知ることができます。

『できにくい』というのは残念ながらありません。この項目で、『できやすい』というのを先に知っていれば、今のうちからどんどん対策できますし、逆に『ふつう』と分かれば、自信になりますよね

さらにいえば、シワができやすいから、卵や魚、水菜を食べていこうと、対策も立てることが出来ます。

①シミ:普通、できやすい

シミのできやすさが分かる評価項目。

シミができやすいという、美肌における自分の弱点を知っていれば、周りの人がしていることよりも一歩進んだ対策ができるようになります。

シミができやすい人には、トマトやホウレン草、ニンジンがおすすめだそうで、自分で食事メニューに加えていくのもイイでしょう。

③抗酸化力:普通、弱い

抗酸化力の強さがわかるのは、美肌を保つのに非常に有利になるのではないでしょうか。

仮に弱ければ、いくら美肌化粧品を購入しても、抗酸化作用が弱いせいで内側から打ち消し合うような事態になりかねません。

当然ここでも同じように、抗酸化力が弱いという弱点が分かれば、抗酸化作用が高いと言われている食品、例えば、ミカンやホウレン草、カボチャを進んで摂取するなどがおすすめですね。

他にも、顔のシミのできやすさや、そばかす、ニキビや肌の明るさなど、肌に関する情報は、まだまだたくさんあり、美肌効果も日頃から気にしている人にも有効です。

癌:全項目

日本人の死亡原因1位が癌です。

癌は遺伝の影響を非常に強く受けるものです。そしてそれ以上に生活習慣が、大きな影響を与えると言われています。

早いうちに、疾患リスクを知っていれば、自分が何を気を付ければいいのか、意識づけることが出来るわけです。

例えば、胃がんのリスクが高いのであれば、塩分の取りすぎに注意しようとか、食事の前にホットミルクを飲もうとか、胃に負担にならない生活習慣を身につけることもできますね。

歯に関すること色々

歯をちゃんと磨いているか? というのが分かる項目です。

歯周炎、虫歯、歯周病などがその項目に当たります。

たとえば歯周炎は初期段階では、ほとんど症状はありませんが、放っておくと歯が無くなります。これは冗談ではなく、歯を失う原因の40%以上が歯周病なんだそうです。

特に日本人は歯医者に行くのが遅いなんて言われており、歯周炎の状況を確認して、今後の歯磨き活動に、意識を向けることが出来るようになるでしょう。

まだまだ……

ドライアイになりやすいかとか、
睡眠時間は足りてるかとか
夜型になってないかとか

アルコールの強さとか
情報処理速度とか
体臭の強さとか

アレルギーとか
耳垢のタイプとか
なりやすい病気とか
本当に挙げればきりがありません。

自分の体を知ることは、自分の悩みを解決するのに、もっとも重要なことではないかと私は思います
ダイエットはもちろん肌のこと体調のこと、何か悩みがあったり不安がある人には、

ということで、では実際にどんな人がGenesis2.0をやるべきかを紹介します。

Genesis2.0はどんな人がやるべきなのか

まず、一番のおすすめするのは、この手の検査をやったことがない人には、大きな効果があると思います。

このデータは、太りやすさ、肌の状況、遺伝的疾患リスクなど、一生変化しないものも大量にあります。
出来るだけ早く自分の傾向を掴んでおくと、意識づけをするだけでも生活習慣の改善が出来ます。

逆に遺伝子検査をしたことがある人は、見覚えのある情報ばかりになるので、わざわざ買う必要は感じられません。

つまり、家で手軽にできるようになったので、今まで病院でなければできなかったためにやったことがない人は、やらないのはもったいないよ、ということですね

他の遺伝子検査キットとの比較

実は、遺伝子検査キットはたくさんあります。

そして「株式会社ジェネシスヘルスケア」は、
解析実績が53万人と国内最大で、国内シェアにいたっては、70%も持っています。

項目数も他に比べても最も多いんですね。
genesis2.0比較

長期間にわたり、もっともノウハウをため込んだ会社なので安心です。

検査は意外なぐらい簡単

『遺伝子検査』なんだか荘厳な響きで複雑さを想像させる。

しかし、実際には一定量の唾液採取をするだけです

注文から検査結果までには以下のような流れになります。
①遺伝子検査キットが届く
②申込用紙に書き込み、唾液採取
③返送(もちろん無料ですよ)
④結果をwebで確認します(4週間後ぐらい)

最近は技術が進んで、唾液だけで検査ができる。私などは、血とか尿検査とか、検査をするのにうーんと悩みそうなことすると思っていましたからね。
私が呑気に家でテレビ見てる間に、偉い人たちが技術をどんどん進化させてくれてるんですね。凄いなー(馬鹿)

まとめ

最近は、ネットで色々な情報を仕入れることが出来るようになりました。

しかし一方で、どの情報を信じればいいかわからないことも少なくありません。

そんなとき、自分にはどの方法が適しているのか、または自分には合わないのか、それが選択できるようになる機会になるのではないでしょうか。

敵を倒すにはまず己を知ることと見つけたり。自分の体を良い方向にすすめていくには、なによりもまず自分の体を知ることから初めて見てはいかがでしょう。そして検査結果を使って、ダイエットや美肌、その他健康活動に、超効果的に利用する。うーん素晴らしいですね

最後に遺伝子検査キットの商品ページでは、検査をしたらどういうふうに使えるのかを、もっとわかりやすくイメージできると思いますので、1ミクロンでも気になる人はぜひ見てみてくださいね

>>Genesis2.0紹介ページをのぞく?(タッチ)