栗崎賢一朗 顔画像!ゆうしん三丁目、熊本市西区の介護施設の事件

栗崎賢一朗
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【栗崎賢一朗の介護施設の事件記事:4行要約】

熊本市西区の介護施設で、職員が女性を殴り死なせる事件が起こった

女性の年齢は88歳

③逮捕されたのは、介護施設の職員、栗崎賢一朗49歳

④栗崎賢一朗、自ら119番通報して、そ知らぬふりをしていた

栗崎賢一朗の事件報道内容【熊本市西区の介護施設】

介護施設に入所する女性を殴って死なせたとして、熊本県警熊本南署は10日、介護施設職員の栗崎賢一朗容疑者(49)=熊本県嘉島町犬渕=を傷害致死容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は7日午前0時5分ごろ、熊本市西区のグループホーム「ゆうしん3丁目」に入所していた女性(88)の腹部を数回殴るなどし、出血性ショックで死なせたとしている。

 県警によると、栗崎容疑者は当時、当直勤務だったが、自ら「入所者の意識がないようだ」と119番。自身は関わっていないように振る舞っていたが、県警は防犯カメラの映像などから栗崎容疑者が女性に暴行したと判断した。

栗原賢一朗

栗原賢一朗

栗原賢一朗

スポンサーリンク

栗崎賢一郎(くりさきけんいちろう)ついて

【名前】栗崎賢一朗

【年齢】49

【住所】嘉島町犬渕

【職業】介護施設職員。介護士か?

【容疑】傷害致傷

栗崎賢一朗でfacebookを検索してみましたが、該当者はいませんね。

【殺人ではないのか?】

殺人には殺意が必要です。殺意の定義は、その行為によって相手の命を奪いうることを認識していたか?ということです。包丁で振り回し「殺す気は無かった」と言って通用しないのは、この定義によるものです。つまり、包丁を振り回して相手の命を奪いうることを、認識していない人間がいるはずもありません。

暴行の場合、過去の判例から、「素手による暴行によって相手が死に至ることを認識している可能性は低い」という定説を用いられるのが一般的です。もちろん明確な殺意が認められるケースはあります。首の骨を折ったりとか、念入りに止めを刺していたりとか。

栗原賢一朗の場合には、複数回腹を殴っていますね。正直、老人にそのようなことをしたら命を奪いうると分かっていたと考えていいと思いますが、微妙なところでしょうね。

【栗崎賢一朗の価値観:暴行の常習化の可能性】

48歳ということで、その行為が常習化していたのではないかという懸念を持たれているようですが。暴行によって命を奪っているのですから、相当な強さで手をあげたということが分かります。

喧嘩をほとんどしたことがない人は分かると思いますが、人に手をあげるときというのは、慣れていないと物凄く手加減して叩いてしまいます。栗崎賢一朗容疑者はそれが見られないということは、可能性が高いですね。

スポンサーリンク

栗崎賢一朗の介護施設の場所は?時系列

報道内容では、熊本市西区の介護施設ということです。グループホーム「ゆうしん3丁目」

【栗崎賢一朗の犯行時系列の推測】
午前0時頃ゆうしん3丁目の出来事

栗原賢一朗は、女性の腹部を複数回殴る

女性は出血

動かなくなる

栗崎賢一朗は混乱

知らぬふりをしてやり過ごすことに決める

119番通報「入所者の意識がないようだ」

後日防犯カメラの映像をチェック

栗崎賢一朗が暴行している場面が映っていた

栗崎賢一朗が逮捕

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ