小谷哲也【交通事故】いたばし花火大会の帰りにバイクで轢いて死亡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【小谷哲也の交通事故記事:4行要約】

①板橋花火大会の帰り、2歳男の子がバイクに轢かれて死亡する事件が起こった

②片道2車線道路、男の子が急に飛び出してきて、ブレーキが間に合わず轢いてしまう

③逮捕されたのは、東京都北区の小谷哲也49歳

④ネットでは、「親がすべて悪い」と批判が集まる交通事故となっている

小谷哲也の交通事故報道内容

4日夜、東京・板橋区の路上で花火大会帰りの2歳の男の子がバイクにひかれ死亡しました。

 警視庁によりますと、4日午後10時前、板橋区東坂下の路上で2歳の男の子が、走ってきたバイクにひかれました。男の子は病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

 警視庁はバイクを運転していた北区に住む自営業、小谷哲也容疑者(49)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。小谷容疑者は容疑を認め、「男の子が道路に出てきて、ブレーキをかけたが間に合わなかった」と供述しているということです。

 男の子は家族と「いたばし花火大会」に出かけた帰りで、警視庁は事故の原因を調べています。

2歳男児がバイクにはねられ死亡 花火大会を見た後(18/08/05)
スポンサーリンク

小谷哲也について

【名前】小谷哲也

【年齢】49

【住所】東京都北区

【職業】自営業

【容疑】過失運転傷害

【供述】「男の子が道路に出て来て、ブレーキをかけたが間に合わなかった」

【過失性】「かもしれない運転」なんて言われるが、運転していれば分かるが、急に子供が飛び出すことなんてほとんど想定することは不可能。狭い市道でなら下校時ににはしゃいでいる子供たちのそばを通るときは徐行するだろうが、親が一緒にいる子供なんて注意しない

子供が実際に飛び出した動画。どれもこれも、運転手に非があるとは思えない。

子供の飛び出し 子供の心理・行動を研究して交通事故を防ごう!!
スポンサーリンク

親は見ていなかったのか


やはり話の焦点になるのは、小谷哲也容疑者の運転の過失よりも、親の監督不行き届きである。

事故で死亡してしまった男の子は2歳であるという。

報道が事実なのであれば、親は2歳の男の子を手放しで歩道を歩いていたということになる。ありえないことだ。

事故現場を見てみると、横断歩道での事故だったようだ。つまり、男の子は赤信号で飛び出したことになる。そして男の子は親と手をつながずに赤信号を待っていたということになる。

赤信号で待っていたということは、親は男の子のすぐそばにいたということだ。

ますます親の不注意が原因で起こった事故なのではないかと思わされてしまう。小谷哲也容疑者が不憫でならない・・・

まとめ:小谷哲也に対して世間はこう見てる

・可哀そう、男のこと小谷哲也が本当に可哀相。親が起こした事故といってもいい

・子供の親が1番悪い

・親は何してた

・これで親がバイクの運転手を批判してたら目も当てられない。気持ちはわかるが、おまえのせいだろって思ってしまうね

・バイクも被害者だろこれ。横断歩道で親がすぐそばにいる子供の飛び出しなんて回避不可能に決まってんじゃん

スポンサーリンク
国内ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ