片岡清晃 顔画像,facebook!宮代町で放火で妻殺人未遂で逮捕

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【片岡清晃の放火事件記事:4行要約】

自宅アパートに放火して、妻を殺そうとした事件が起こった

アパートの1室は全焼、妻は軽い火傷、犯人は重いやけど

③逮捕されたのは、宮川町川端の無職、片岡清晃37歳

④片岡清晃は容疑を否認しているという。

片岡清晃の放火事件の報道内容【宮代町川端】

自宅に火をつけて妻(30)を殺そうとしたとして、杉戸署は6日、殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで、宮代町川端の無職、片岡清晃容疑者(37)を逮捕した。容疑を否認している。

 逮捕容疑は、7月26日午後3時15分ごろ、鉄筋3階建てアパートの1室に放火して同室約50平方メートルを全焼させた上、妻を殺害しようとしたとしている。

 妻は顔に軽いやけどを負ったが、類焼はなかった。片岡容疑者が重いやけどを負っていたことから回復を待って逮捕し、同署で詳しい動機などを調べている。

スポンサーリンク

片岡清晃について(宮代町川端)

【名前】片岡清晃

【年齢】37

【住所】宮代町川端

【職業】無職

【容疑】自宅アパートに火をつけて、妻を殺そうとしたか

【供述】容疑を否認している

片岡清晃でfacebookを検索してみましたが、該当者はいませんね。無職ということもありますし、年齢もありますし、使っているfacebookを使う層では無さそうです

【価値観】37歳、無職であることに激しい劣等感を持っていたか?妻から別れを切り出されていたか?妻と自分というその世界が全てという価値観を持っていると、放火に結びつきやすいのは確か

【動機】片岡清晃と妻30歳、ともに火傷を負っていることから、妻の目の前で火をつけた可能性が高いか。心中を図ろうとしたのだと思われる。金銭的余裕がなかったことから妻との喧嘩が途絶えず、突発的放火が考えられる

スポンサーリンク

男性は要注意! 男性と女性の放火に関する意外な事実

自宅の放火は、度々起こる。放火の男女比はほとんど同じで、男女関係なく放火という手段をとる。問題になるのは、突発的放火についてだ。

突発的と言うとすごく感情的で女性的な印象を持つ男は多いだろう。計画的と言うと論理性に優れて男性的な印象を持つのではないだろうか。

しかし突発的放火に関しては全く逆。突発的衝動的放火の7割は男性、女性の7割は計画的放火を行う。

理由は、男性は感情の閾値が存在しないことに起因するものだと思われる。女性の方が感情的なのは事実だが、感情が爆発した時の閾値が存在し罪を犯さない程度には理性を保てる。一方男性は感情が爆発した時のコントロールが女性以上に効かず、どんな馬鹿げたことでもやってのける素質を持っているということだ。

これは潜在的犯罪性うんぬんの話ではなく、男性の性質の話なので、男性であるあなたは要注意だ。「俺は大丈夫」とは思わず、いざという時、感情が爆発した時のことを想定しておくと身を滅ぼさずに済む。

「過信は失敗の母」

スポンサーリンク

まとめ:片岡清晃に対して世間はこう見てる

・何やってんだ無職

・アパートって放火だと保険降りないんじゃないのか。知らねえぞ

・無職は怖いものなしだから

・奥さんと心中か、別れ切り出されたのかな

・もう破れかぶれだな。

・容疑を否認って、実際どうなんやろうね。しかし無職相手に奥さんが放火して殺害しようとする意味も分からないし、逮捕された奴が重傷で奥さんが軽症でってのも、どっちが火をつけたか表しているよな。奥さんは目の前で火を付けた夫に恐怖感じてすぐ逃亡。旦那はちょっと踏みとどまったかが熱さに耐えきれなくなって脱出。

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ