谷口浩三の顔画像!過失運転傷害の罪の重さはどれぐらい?

スポンサーリンク

交通事故は決して他人ごとではない。

誰もが過ちを犯しうるし、しかし絶対にあってはいけない間違いでもある。

今回は谷口浩三の事件を見ながら、過失運転傷害の重さとはどういうものか、条件も見ていく

谷口浩三の事件詳細

21日午前、大船渡市の国道で、県立釜石商工高校に勤める非常勤講師の男が運転する軽乗用車が横断歩道を渡っていた女性をはね、大けがを負わせました。男は過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕され、容疑を認めています。
 過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、県立釜石商工高校に勤務する非常勤講師、谷口浩三容疑者(71)です。警察の調べによりますと谷口容疑者は21日午前10時ごろ、大船渡市盛町の国道45号で軽乗用車を運転中、横断歩道を歩いて渡っていた87歳の女性をはねました。女性は右足首の骨を折る大けがを負い、病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。谷口容疑者は警察の調べに対し、「横断歩道をよく見ていなかった」と話し、容疑を認めているということです。
 谷口容疑者の逮捕を受けて、午後6時から県教育委員会が会見し、陳謝しました。県教委によりますと、谷口容疑者は学校で機械など工業の教科を担当しており、21日は休日だったということです。県教委は谷口容疑者の処分について、事実関係を確認のうえ適切に対応するとしています。

簡単にまとめると
1:事故は、谷口浩三の右折中
2:87歳女性は、横断歩道を渡っていた
3:右足首の骨を折った
4:過失運転致死傷罪

過失運転致死傷罪とは

過失によって、被害者にケガさせたり、死亡させたりした場合に成立する。

過失であるため、重い罪に問われることはない。過失と言っても、定義は非常に広く、注意していても避けられたねーと判断されたら過失運転致死傷害となる

突然飛び出してきて急停止も不可能といった状況でなら不起訴になる。

谷口浩三は青信号で渡っている歩行者を右折中に引いているので、100%過失は谷口浩三。不起訴は絶対にない

谷口浩三はどの程度の罪に問われるのか

懲役7年以下、罰金100万円以下。

全治2週間以下なら、過失100%でも起訴されることはない
全治2週間から1ヵ月なら、過失100%なら起訴されることもある。しかし過失が小さければほとんどありえない。
全治1ヵ月以上~3ヵ月以下なら、過失が大きいとほとんどの確率起訴される。過失が小さいとほとんどありえない。
全治3か月以上なら、過失が小さくても起訴される。

そして谷口浩三の場合、被害者が全治3ヵ月以下だとおもわれるため、略式命令であり、罰金刑であると思われる。ただし、けがの程度が大きいため、80万円程度の罰金が考えられる。軽いむち打ち程度なら30万円。

谷口浩三が払うべき示談金の相場

3万円から300万円だと言われているが、谷口浩三の場合には100万~200万円ですね。

示談金は基本的にけがの程度によって決定される。死亡した場合には1億円になることもある。

足首の骨が折れていて、好例であることも考えると治療にはかなり時間がかかると考えられるため、100万円~200間円

谷口浩三の顔画像

谷口浩三の顔画像は現在公開されていない。

凶悪な事件でもなく、ひき逃げが起きたわけではないので、特に公開されることはないと思われる。

ちなみにひき逃げをした場合、懲役10年近いものになることも考えられる。