伊藤匠さん死亡交通事故【鶴岡市下山添】東根市神町南の自衛官

伊藤匠さんの交通事故
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【伊藤匠さん死亡交通事故記事:4行要約】

鶴岡市の下山添の国道112号線で、20歳の若き自衛官が命を落とす事故が起こった

②男性は大型バイクで県道との分岐帯にある縁石に衝突

③死亡したのは、東根市神町南の自衛官、伊藤匠さん20歳

④伊藤匠さんは友人を訪問する途中の事故だった

伊藤匠さんの死亡交通事故の報道内容【鶴岡市】

山形県鶴岡市の国道で大型バイクが道路脇の縁石に衝突し、運転していた男性自衛官が死亡した。

11日午前2時半ごろ、鶴岡市下山添の国道112号を月山方面に走っていた大型バイクが、県道との分岐帯にある縁石に衝突した。大型バイクは炎上し、運転していた東根市神町南の自衛官・伊藤匠さん(20)が全身を強く打ち、約2時間後に搬送先の病院で死亡した。事故当時、路面は雨が降って濡れていた。警察によると、伊藤さんは友人を訪問する途中で、警察は事故原因を調べている。

スポンサーリンク

伊藤匠さんに(いとうたくみ)ついて

【名前】伊藤匠

【年齢】20

【住所】東根市神町南

【職業】自衛官

【事故】大型バイクによる単身事故

事故の状況は?

伊藤匠さんの死亡事故
伊藤匠さんはバイクに乗っていました。国道112号線から県道に入るところ、その分岐の縁石に衝突したようです。そして大型バイクは炎上し、伊藤匠さんは全身を打って、病院に搬送された2時間後に死亡が確認されました

伊藤匠さんの事故の原因は?

事故原因は二つ考えられます。

1つは、スピードの出しすぎです。縁石にぶつかっているということは、スピードが出過ぎて思いのほか曲がることができずに衝突してしまったのではと考えられます。スピードを出しすぎていると考えれば、大型バイクが炎上するぐらいの衝撃があったこと、乗っていた伊藤匠さんも全身を打って死亡していること、どちらもつじつまが合います

2つ目は、路面が雨でぬれていたということです。雨の日の白線場は非常に滑りやすく、スピードが出ている段階で滑ってしまって曲がり切れなかったなら、同様に衝撃は相当なものだったでしょう。特にバイクは運転手がいとも簡単に命を落としてしまうことが多いですから、今回の事故ともつじつまは合います。

スポンサーリンク

伊藤匠さんの交通事故の場所と時系列

伊藤匠の交通事故

伊藤匠の交通事故

伊藤匠の交通事故

伊藤匠の交通事故

【伊藤匠さんの交通事故の時系列の推測】

伊藤匠さんは国道112号線を大型バイクで走っていた

県道に入る道で車線を変えようとした

白線上もしくは水たまりでスリップ

スピードを緩めることも、曲がり切ることもできず縁石に衝突

大型バイクは10m以上飛び、伊藤匠さんも飛ばされて全身を打った

通行人が119番に通報

2時間後、はんそうさきの病院で息を引き取る

今回の事故を改めるなら、バイクという乗り物の危険性と雨の日のスリップに注意ということでしょうか。今回の事故は、車ならば標識にぶつかって弁償が痛い程度の、物損事故で終わる事故内容です。バイクという乗り物が、いかに危険かを理解出来てしまう事故と言えるでしょう。

 バイクに乗っている人は、気を付けすぎるぐらいで安全運転を試みましょう。もちろんバイクに対して事故を起こさないようにするのも、車のドライバーの気を付けなければならないことです

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ