伊藤翔平容疑者 顔画像,facebook!福岡市の放火事件で逮捕

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【伊藤翔平の放火事件記事:4行要約】

自宅アパートに放火する事件が発生

9世帯が入居しているアパート

③逮捕されたのは、福岡市東区下原のパート従業員、伊藤翔平28才

④伊藤翔平の供述「やったことは間違いありません」

伊藤翔平の報道内容

今年5月福岡市東区の自宅アパートの部屋に火をつけたとして28歳の男が逮捕されました。警察によりますと鞍手郡鞍手町のパート従業員伊藤翔平容疑者(28)は今年5月15日の未明、当時住んでいた福岡市東区下原のアパート1階の部屋に火をつけた疑いが持たれています。
この火事で伊藤容疑者の部屋の床や壁などおよそ20平方メートルが焼けました。当時、このアパートには9世帯が入居していて伊藤容疑者と20代の男性が「煙を吸って気分が悪い」と訴え病院に搬送されましたがけがはありませんでした。
調べに対し伊藤容疑者は「やったことは間違いない」と容疑を認めていて警察で火をつけた動機などを詳しく調べています

伊藤翔平について

【名前】伊藤翔平

【年齢】28

【住所】福岡市東区下原

【職業】パート従業員

【容疑】自宅アパートの放火

【供述】「やったことは間違いない」

伊藤翔平でfacebookを検索してみましたが、同じ名前が山ほどいますし、該当者はいなさそうです。

【価値観】:経済的価値観に言及するなら、もしかしたら満足が行っていなかったのかもしれません。環境的にストレスを抱えて、鬱が進行してしまったのでしょうか。誰にも打ち明けることができずに、衝動的なものでしょうか。

【動機】:自宅アパートという、「自分の住居を燃やす」という行為には意味があるような気がします。ゴミに火をつけるようなストレス発散型よりも、もうどうにでもなれ、あとのことはどうでもいいという焼けバチになっている印象です。

伊藤翔平の放火事件の場所と時系列

【伊藤翔平の放火事件の時系列の推測】

日々の生活の中で、無常観を感じていたか

現実を見ることに疲れたのかもしれない

悩みも誰にも打ち明け中られなかったか

伊藤翔平容疑者は、もうどうでもいいと思ってしまったか

伊藤翔平容疑者は、自宅に火をつける

消防車が駆け付けて消火活動

伊藤翔平容疑者の部屋20平方メートルが焼ける

伊藤翔平容疑者「煙を吸って気分が悪い」と病院に行く(けが人は0)

警察の捜査によって、伊藤翔平容疑者が故意に放火した証拠が出てきたか?(火元が台所ではなかったとか)

伊藤翔平容疑者、逮捕

火をつけてしまったのは、思い悩みすぎて、そして掃き出し口がなかったということになるでしょうか。

伊藤翔平容疑者が放火したアパートは、人が住んでいるアパートだ。人が住んでいるアパートに火をつける行為は、殺人未遂と同じぐらい重い罪で、重罪になる。

伊藤翔平容疑者は逮捕されたかったのだろうか。

伊藤翔平容疑者には家族はいないのだろうか。責任は伊藤翔平容疑者だけでなく、働いている両親にまで飛び火する可能性がある。事を大きくしてしまった事に後悔することがないと良いが・・・

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ