古瀬徳幸さん死亡事故。洞爺湖で水上バイクのスピードの出しすぎか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【古瀬徳幸さんの事件記事:4行要約】

洞爺湖で水上バイクによる死亡事故が起こった

岸から300m付近を走っていた水上バイクが突然空中にはね上げられ湖面に落下

③死亡したのは、札幌市の古瀬徳幸さん48歳

④目撃者いわく「スピードの出しすぎ以外ない」

古瀬徳幸さんの水上バイク死亡事故の報道内容【洞爺湖】

胆振の洞爺湖で水の事故です。7日午前、水上バイクがバランスを崩し湖面に投げ出され死亡したのは、札幌の48歳の男性とわかりました。

7日午前11時ごろ、洞爺湖の岸から300メートルほどのところを走っていた水上バイクが、突然、空中に跳ね上げられ、そのまま湖面に落下しました。
水上バイクを操縦していた札幌の古瀬徳幸さん48歳が浮き上がってこなかったため、岸にいた仲間3人が水上バイクで救助に向かいました。
古瀬さんは20分ほど後に水から引き上げられましたが、運ばれた先の病院で死亡が確認されました。

「ちょうど浮かんでいるところを見た」「たぶんスピードの出し過ぎ以外ない」(現場付近にいた人)

現場周辺は水上バイクの愛好家が集まるスポットで、事故当時は風が強く波も高かったということです。
警察は水上バイクが波に跳ね上げられバランスを崩して落下したとみて調べていま

スポンサーリンク

古瀬徳幸(ふるせのりゆき)さんについて

【名前】古瀬徳幸

【年齢】48

【住所】札幌市

【事故】水上バイクに乗っているところを、波に跳ね上げられた。

【事故原因①】波が大きめの時に、スピードを出し過ぎたことによって、空中に跳ね上げられたとみられている。波が大きなときは波の抵抗でスピードが上がりにくく、それをストレスに感じたのか、ついアクセルを回しすぎてしまったのかもしれない

【事故原因②】古瀬徳幸さんはライフジャケットもヘルメットも着用していました。運転していた水上バイクに衝突したことによって、意識を失ってしまったものだと考えられる。

スポンサーリンク

古瀬徳幸さんの事故があった洞爺湖について

古瀬徳幸
洞爺湖は、水上バイク愛好家にとっては有名なスポットであるらしい。

事件当時は風も強く、波もより高かったようだ。

水上バイクが跳ね上がったこと、水上バイクと衝突してしまったこと、引き上げられるのに20分もかかってしまったことなど、不運が重なって死亡事故につながってしまったものだと考えられる。48歳で水上バイクが趣味なのであれば、奥さんもいるかもしれない

まとめ:古瀬徳幸さんの水上バイク事故に対して世間はこう見てる

・スピードの出し過ぎか・・・なら同情の余地はないな。奥さんがいるなら奥さんと子供には同情する

・ライフジャケット付けてて亡くなるって運なさすぎだろ

・周りに誰もいないし、超スピードを出してみたいと思うのは分かるが、あんた48歳だろ

・ライフジャケットの意味、ヘルメットの価値

・ちゃんと安全は確認してください

・水上バイクで1人で事故起こして1人で亡くなるって珍しい気がする

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ