福本徹也(顔画像)息子 福本はるき君を虐待で殺人事件で逮捕。堺市

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【福本徹也ら長男虐待殺人事件:4行要約】

両親による長男共謀虐待殺人という痛ましい事件が起こった

長男9歳の胃が破裂も、両親は当初より「死因は見当もつかない」と供述

③両親が逮捕。堺市北区百舌鳥陵南町1丁福本徹也35、福本裕子34

④子殺しは甘い裁定が多く、懲役10年程度が予想される

福本徹也と福本裕子の殺人事件の報道内容

 堺市で今年2月、小学3年生の長男に暴行を加えて殺害したとして、大阪府警が2日、父親で会社員の福本徹也(35)と母親の裕子(34)の両容疑者を殺人容疑で逮捕したことが、捜査関係者への取材でわかった。2人は容疑を否認しているという。

捜査関係者によると、2人は2月16日~17日未明にかけ、堺市北区百舌鳥陵南町1丁の自宅で長男の陽生(はるき)さん(9)に何らかの暴行を加えて殺害した疑いがある。17日朝、福本容疑者が仕事に向かった後、裕子容疑者が119番通報。陽生さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

司法解剖の結果、死因は致死性不整脈で、体に目立った外傷はなかったが、胃が破裂し、内臓を覆う腹膜も傷ついていたという。強く踏みつけられるなどの暴行を受けた疑いがあるとして、府警が捜査していた。

福本容疑者は府警の任意の事情聴取に、「身に覚えがない」と容疑を否認。裕子容疑者は逮捕前、取材に「(虐待は)まったくない。夫もしていない。息子は病気もなく、死因は全然思いつかない」などと話していた。

娘が陽生君と小学校で同じクラスだったという近所の女性は「陽生君はとても活発な子で、優しい子だった」と取材に話した。

スポンサーリンク

二人の証言が矛盾していることが判明(追記:8/3)

事件当日の取材に対する回答

福本裕子「はるきは、和室の部屋で良くゲームをしていて。夫が事件当日もゲームがうるさいって。ゲームの音がうるさいという、いつものやりとりなんですけど」

福本徹也「事件当日は、はるきとは会話していない。何か起こったり叱ったりしたこともない」

認識のすり合わせをしていないということでしょうか。それとも福本徹也が胡麻化しているのでしょうか。

あなたに質問です。息子と最後にした会話を忘れるでしょうか。息子に最後にかけた言葉を覚えていない何てことがあるでしょうか。

 

福本徹也の虐待を、近隣住民が証言していることが判明(追記:8/2)

福本はるき君が、両親から虐待を受けているのではという話が出てきた。

近隣住民によると、寒い中家の中に入れないでいる福本はるき君の姿がたびたび目撃されていたらしい。鍵を忘れたとか両親がいなかったとかではない。なぜなら、夜に家の外に締め出された福本はるき君が家の中へ「ドア開けて」と懇願していることもあったからだ。

さらにひどいのは、その時の福本はるき君の格好だ。なんとろくに衣服を身につけず寒空の下、なにも身につけず放り出されていたという。

他にも友達と遊んでいると、父親の福本徹也容疑者に理由もなく怒鳴りつけられることもあったとか、バイクを触って平手で打ち付けたところも見たようだ。

だとすると父親が実行犯で、母親が隠蔽に手を貸した形だろうか。両親による福本はるき君への虐待。近隣住民の人が、児童相談所に通報をしていればと、あとから聞くと思ってしまう・・・しかしすべて、後の祭りだ。

スポンサーリンク

福本徹也について

福本徹也

【名前】福本徹也

【年齢】35

【住所】堺市北区百舌鳥陵南町1丁

【職業】会社員

【容疑】福本はるき君虐待と殺人

【供述】身に覚えがない

福本徹也は、福本はるき君が病院に運ばれる朝、何食わぬ顔でいつも通り会社に行っていることが分かっている。

福本徹也が会社に入った後、母親の福本裕子が救急車を呼んだ。実行犯ではないかと、見られている

福本裕子について

福本裕子

【名前】福本裕子

【年齢】34

【住所】堺市北区百舌鳥陵南町1丁

【職業】無職

【容疑】福本はるき君虐待と殺人

【供述】身に覚えがない

福本裕子容疑者は、逮捕前に取材に応えている。

虐待なんて全くない。夫もしてない。息子は病気もなく、死因は全然思いつかない

福本徹也容疑者の犯行の隠蔽に協力か? 共同正犯での逮捕だと思われる。

福本はるき君について

福本はるき

【名前】福本陽生

【年齢】9

【住所】堺市北区百舌鳥陵南町1丁

【職業】堺市立西百舌鳥小の小学生3年生

【性格】福本はるき君は、とても活発な子で優しい子だった

【死因】致死性不整脈。外傷はない

外傷はないが、胃は破裂、内臓を覆う腹膜も傷が多数。何度も強く踏みつけられるなどの暴行を受けた疑いがあり、大阪府警は捜査を続けていた。

亡くなる前日は授業参観だったそうだ。

クラスで「ありがとうの本」という冊子を作り、福本はるき君は「お母さん、ありがとう」と手書きで記していた。

スポンサーリンク

福本はるき虐待殺人事件の時系列(推察)

報道内容を統合的に整理して、推測もたしながら時系列を並べたものです。

二人が共犯であったと仮定した場合、以下のような流れが考えられるかもしれません

犯行現場は、福本一家の自宅、堺市北区百舌鳥陵南町1丁目

時間は2月16日の夜

福本はるき君が夕食を食べる

食事後に、両親と福本はるき君の間にトラブルか

しつけのためか、福本はるき君を押さえつける

福本はるき君の腹に足を乗せて体重をかける

何度も足を踏み下ろした可能性もあると見られている

このとき、福本はるき君は満腹状態だった胃が破裂

動けなくなった福本はるき君を母親がベッドに寝かしつけた

翌日、福本はるき君が起きてこないことに気付く

福本はるき君がベッドで亡くなっていることを確認か?

福本徹也たちは焦った

福本徹也は息子に声をかける。頬をたたく。起きない

福本徹也らは、福本はるき君が死亡したのだと気付く

二人は焦ったが、隠蔽することに決めたのだろうか。

福本徹也はこの日も会社。いつも通り会社に行く必要があるとして、処理は福本裕子に任せた

福本裕子が救急車を呼ぶ

福本裕子「息子が動かない」

福本徹也にも予定通り電話

福本徹也は会社からとんぼ返り

搬送先の病院で、福本はるき君の死亡が確認される

任意の事情聴取。
母親「気付いたら息をしていなかった」
父親「何もわからない。会社に向かっていたら連絡が来て、慌てて帰ってきたら息子が死んでいた」

司法解剖で、福本君の内臓の傷などが明らかになる

警察は両親の虐待を疑い、捜査をすすめる

マスコミの取材が福本徹也と福本裕子のもとに来る

福本徹也「仕事に行っていたので長男の死亡の経緯はわからない」
福本徹也「第一発見者の妻から電話がかかってきて、すぐに帰宅した」
福本徹也「自分は関与していないし、虐待もしていない」

福本裕子「虐待なんてまったくない。夫もしていない。息子は病気もなく、死因は全然思いつかない」
福本裕子「前日まで元気だったのに、信じられない。自分は何もしていない」
福本裕子「夫も指一本触れていない」

逮捕前日
福本徹也「これ以上取材に来るのやめてもらえますか」
福本徹也「(死因は何と理解?)いや、わからないですね。不詳って警察から言われている」

6か月後、殺人容疑で福本徹也と福本裕子を逮捕

二人は「身に覚えがない」と容疑を否認。

(※これはあくまで可能性であって、事実ではありません)

スポンサーリンク

福本徹也、福本裕子が無罪である可能性はあるか

現状は無いとしか思えない。

福本裕子は突然、福本はるき君が動かなくなったと証言している。

そしてはるき君の死因は胃の破裂。さらに腹膜も傷ついている以上、誰かが傷つけたことは絶対条件だ。

息子は家にいて、同時に誰かが胃を破裂させた。

この条件を満たすことができる人物は、家の中にいる母親か父親以外にはありえないということになる。

警察の予測としては、父親が実行犯、母親が隠蔽していると見ているようだ。母親は実行していないかもしれないが、両親の虐待により死に至ったのだから、共同正犯が成立する。つまり母親は実行犯でなくても罪に問えるということだ。

ただ罪には問えるが、殺人罪にできるかは微妙なところである

福本徹也と福本裕子が、殺人ではなく傷害致死になる可能性

殺人には、「殺意」が必要だ

つまり「行使することによって相手の命を奪うことができるのだ」という意思、確信が必要になってくる。

しかしながら胃が破裂したということであるし、まさか命を奪うなんて考えもしなかった可能性が高い。この場合、傷害致死になるのだ。

実際に、抵抗できない幼児を虐待のすえ命を奪った事件は過去にいくらでも存在し、懲役は9年~12年程度である。

福本徹也と福本裕子もこの類に漏れることはないだろう。つらい現実である。

福本徹也と福本裕子を、世間はこう見てる

・この事件やっと解決したんか!まあ絶対逃さないために、証拠固めまくってたんだろうが、やっと逮捕されたか

・虐待か、このニュース見たときからみんな気付いてたよな

・白々しいインタビュー内容だわ。ほんと酷い

・自分の子供に暴力振るった挙句なんの支障もなく普通に暮らしてきたんだとしたら恐怖でしかない

・近所ではみんな分かっていたんかね

・虐待がある家からは、たびたび親の怒鳴り声が聞こえるからね。近隣住民は知ってたんじゃないかな

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ