駿河広己の顔画像、facebook!包丁4刀流で、誰も怪我せず【岡山県見策市】

スポンサーリンク

剣はたくさん持っていると強そうに見える。

ぼくはワンピースに学んだ。

しかし現実では、たくさん包丁を持って行ってもあまり意味はないようだ。駿河広己が教えてくれた。

スポンサーリンク

駿河広己の事件詳細

美作警察署によりますと、22日午前10時ごろ、岡山県美作市議会の産業建設常任委員会で、男が傍聴席を乗り越え、70歳の男性議員に対し、大声をあげながら包丁を突きつけました。

 市役所職員からの通報で駆けつけた、警察官が、市内の無職、駿河広己容疑者(67)を暴力行為処罰法違反の疑いで現行犯逮捕しました。

 男性議員にけがはありませんでした。

 駿河容疑者は、両手にそれぞれ1本包丁を持ち、腰にも2本の包丁をさしていたということです。

まとめて簡単に書くと
1:岡山県美作市議会の産業建設常任委員会中
2:駿河広己は傍聴席に座っていた
3:突然大声を上げて、傍聴席を乗り越え
4:包丁両手、腰にも包丁二本
5:70歳男性議員に対して叫ぶだけで、逮捕

相当鬱憤が溜まっていたようだ。叫ぶだけなら退場してもらうだけだったのに、どうして包丁を持ち出したのだろう。

駿河広己の思考回路はこうだ

「ちくしょー、コイツ全然わかってねえ」

「どうすれば、ワシにできることはなにか」

「せや!包丁でおどせばええんや!」

ーーーーー
オラァ!考えを変えんと刺すぞ!

ひええええお助けー、わかりましたー

よしよし、それでええんや
ーーーーー

「天才やんけ!」

「よーし、市議会に包丁持って行こ」

「4本あったほうが迫力もあるやろ」

・・・

駿河広己、さては天才だったか。一生刑務所にいてくれ。怖すぎ。

駿河広己、腰の包丁は何をシミュレーションをしたのか考えたらトリハダやんけ

腰の包丁は、当然予備である。

予備が必要になる瞬間というのは、両手の包丁を失ったときである。

どうやったら失うのか、人に奪われた時、人に投げたとき、そして人にぶっ刺して抜けなくなったときだ。

駿河広己は話が長いのか、警察官が駆け付けるまで何もしなかったが、もし口下手だったら大変なことになっただろう。よかったよかった。

スポンサーリンク

駿河広己の顔画像、facebook

現在、駿河広己の顔画像、facebookは明らかになっていない。

市議会の常任委員会に包丁持って乱入なんて事件は滅多にないし、すぐに情報は公開されるものだと思われる。

駿河広己へのネットの声

・刑務所観光いってらっしゃい

・どういう頭してるんだろ。いままでも暴力で解決してきたんかね

・包丁で国は動かせないぞ!駿河くん!

・小学校に3年間通わせよう。調和を学ばせるんや。いやそれをしたら子供が危険か