田中則男、八尾敏男の顔画像!郵便局員、賄賂と接待で逮捕!

スポンサーリンク

郵便局と言えば、郵政民営化されたものの、なんとなーくお役所仕事なイメージのある会社であるが、

郵便局でも賄賂は有るらしい。

逮捕されたのは、田中則男(61)と八尾敏男(46)才、どちらも課長である。

スポンサーリンク

田中則男、八尾敏男の事件詳細

茨城県の郵便局の元課長2人が、ダイレクトメールの発送料金を不正に安くした見返りに度重なる接待を受けたとして、収賄の疑いで逮捕されました。

 日本郵便株式会社法の加重収賄の疑いで逮捕されたのは、茨城県の土浦郵便局の元課長・田中則男容疑者(61)と筑波学園郵便局の元課長・八尾敏男容疑者(46)です。また、贈賄の疑いで逮捕されたのは、東京・銀座のダイレクトメール発送代行会社「ティーティーオー」の元監査役・川口高信容疑者(69)ら5人です。

 田中容疑者らは、郵便局に持ち込まれたダイレクトメールについて実際よりも少ない数で処理し、発送料金を不正に安くした見返りとして、おととしの1月から9月にかけて、川口容疑者らから110万円相当の飲食などの接待を受けた疑いが持たれています。

 警察は、今年2月にも、横浜市にある青葉郵便局の不正を巡って元郵便部長を逮捕していて、不正の実態解明を進めています。

まとめると
1:ダイレクトメールの発送料金を不正に安くした
2:見返りは110万円相当の接待
3:ダイレクトメール発送代行会社、川口高信容疑者ら5人逮捕

110万円相当の接待か―と思う人はいるかもしれない。しかしながらボクは逆である。

田中則男、八尾敏男は、もしかしたら馬と鹿かもしれない

110万円相当の接待は、1月から9月にかけての総額である。

しかしながら日本郵政の課長は、「DMの値段を動かせること」からわかるように、かなり地位が高い。

年収で言えば、1150万程度だ。110万がはした金とは言わないが、9か月間かけて110万の接待と言われると、違法行為をやるにしてはいささかコストパフォーマンスが悪すぎる。

田中則男は61歳だし貯蓄も十分だろうし、収賄容疑で捕まろうともまったく痛くもかゆくもないだろう。しかしながら八尾敏男はどうするのだろう。

課長クラスになれば、金もあるだろうし、十中八九嫁はいるに違いない。子供もいるかもしれない。収入もあるから、私立高校に通わせているかもしれない。大変である、敏男。ボクの中でどんどん八尾敏男が哀れな男に見えてくる。ドンマイ八尾敏男。

田中則男の顔画像、八尾敏男の顔画像

これは田中則男である。土浦郵便局課長だ。

こっちは八尾敏男である。筑波学園郵便局課長だ。

どちらもすでに課長を首になっている。