渡辺恵里佳、山下温史の顔画像|小学校、中学校で誘拐、逮捕|福岡市西区

渡辺恵里佳と山下温史
スポンサーリンク

福岡市西区の小学校と中学校で、兄妹2人の生徒を誘拐する謎の事件が起きた。

容疑者は、渡辺恵里佳、そして内縁の夫である山下温史

誘拐した生徒は、知人の子供。二人の動機は一体何だったのか?

スポンサーリンク

渡辺恵里佳、山下温史の誘拐事件まとめ【福岡県西区、小学校、中学校】

渡辺恵里佳容疑者と山下温史容疑者は、中学校で兄、小学校で妹を誘拐しました。

「子供の母親が誘拐になった」とうそをついて、中1、少4の兄妹を学校から連れ出しのである。のちに不審に思った校長先生が、渡辺恵里佳容疑者の自宅にいる兄妹を保護したようだ。お手柄と言える

渡辺恵里佳容疑者は、兄妹の母親の知人だ。

小学校と中学校が子供を行かせた理由

どうして、学校側が生徒を簡単に行かせたのかというと、渡辺恵里佳容疑者と山下温史容疑者と面識があって、兄妹の親と知人であることを知っていたから、確認せずに2人を引き渡したようだ。

学校側の管理責任などを問う人たちが出てきそうではあるし、その気持ちは理解できるが、学校側が子供たちを行かせたのも理解できる。

先生、兄妹含めて、その場にいる全員が面識のある人間が、まさか誘拐をやらかすなんて、聞いたことがないし想定しろという方が難しい。緊急事態だからと言われて、融通を効かせたのはむしろお役所仕事ではない、先生の情をすら感じる。ただ電話を一本即座に入れて、出なかったら行かせるぐらいでなければ、やはり管理責任が問われそうだ。軽率であったのは確かだろう。

果たして二人は何がしたかったのか?

渡辺恵里佳と山下温史の顔画像

二人の顔画像と、SNSやfacebookの情報は一切公開されていない。

スポンサーリンク

渡辺恵里佳と山下温史の誘拐の動機は?

まず状況証拠として、二人は嘘をついていたこと。

「親が急病になった」というのは真っ赤な嘘で、親は健在である。

つまり渡辺恵里佳容疑者と山下温史は、
嘘をついてで兄妹を学校から連れ出す必要があったというわけである。ウソがばれたら犯罪行為にであるし、そのリスクを背負ってでもやりたいことがあった。

拉致? 恨みを抱いて、子供に対して最悪なことをしようとしたのか?このようにネットでは様々な憶測が飛び交っている。情報が更新されしだい、載せていく