印宮兼好の顔画像。篠田青芭をはねて重傷。逮捕|愛知県豊川市白鳥町上郷中

スポンサーリンク

印宮兼好

午前11時ごろ、愛知県豊川市白鳥町上郷中の市道で、小学生3人の列に突っ込んで、1人が重体、もうひとり友人の女の子は軽傷を負った。

スポンサーリンク

印宮兼好は「気付かなかった」と供述していて、過失運転致傷容疑で現行犯逮捕となった

印宮兼好の交通事故、詳細

印宮兼好が交通事故を起こしたのは、直前道路である

警察の調べに対して印宮兼好容疑者は、「対向車が来たので、左側に寄った。方向者がいることに気付かなかった」と容疑を認めているらしい。

交通事故現場である道路、愛知県豊川市白鳥町上郷中の市道の画像だ。

 たしかに狭いので対向車が来たら左側に寄せなければならないだろう。実線と点線を重ねているこれは「駐停車禁止路側帯」。

駐停車禁止路側帯のルールちゃんと知ってる?

「駐停車禁止路側帯」は、基本車両は通行禁止だが、対向車とすれ違う場合には、路側帯直前で一時停止してからなら侵入してもよい。なお駐停車は、緊急時以外には認められない。

 つまり、印宮兼好は「駐停車禁止路側帯」への侵入に置いてはまず、交通違反を犯している。さらには、これだけ見通しがいい場所で、小学6年生が3人もいたのに気付かないで突っ込んでいるのもありえない。実際起こっているわけだからあるとしか言えないが、不注意すぎるどころの騒ぎではない。小学生3人は、友達の家に向かっている途中だったとか。脇でしゃがんでじっとしていたわけでもないだろう。警察の捜査であまりにも事故原因がひどかった場合には、自分の能力を鑑みて、免許返納をして欲しいものである。もうおそいが

印宮兼好の顔画像

facebookならびに印宮兼好の顔画像は、ネット、メディアともに公開されていない。名前がイケてるし珍しいものの、さすがに68歳でfacebookはしていないようである。当然だろう

市道は最新の注意をしないと人生が簡単に終わる

僕が以前住んでいたところの住宅街の市道も、偉く入り組んでいるし、狭いし小さい子がいつもどこかで走り回っているし、突然飛び出してくるしで、よく事故が起きないなーという場所でした。実際は半年に数回単位で起こっていたらしい。