宗形成司の顔画像|二本松市、警備員が家族にタバコ押し付け逮捕|福島県の根性焼き

スポンサーリンク

福島県の二本松市で、嫌な事件が発生した。

自宅で、小学校6年生の息子に対して、火のついたタバコを押し付けた男が逮捕されたのだ。

宗形成司容疑者29歳、日本松市で警備員をやっている男である。

スポンサーリンク

宗形成司容疑者のたばこ詳細【二本松市・福島県】

今年4月ごろ、二本松市の自宅で、息子小学校6年生の背中に火のついたタバコを押し付けた宗形成司。

このタバコの押し付けで少年は全治3週間の怪我を負っており、傷害の疑いで宗形成司容疑者が逮捕された。

宗形せいじ容疑者のことは、児童相談所から通報

宗形成司の行為は、児童相談所から警察に通報が言っている。

児童相談所へは、虐待をしていない方の親、兄弟姉妹、特に学校の先生から連絡が来ることがおおい。

学校で服を脱ぐことはあるし、調子の悪そうな少年に、先生が声をかけたのかもしれない。障害が残るような展開にならなかったのは幸いだ。

宗形成司の顔画像

宗形成司の顔画像は後悔されていない。ここに掲載することもないだろう。実名はすでに公開されているが、顔まで公開されたら子供たちにとって致命的になるかもしれない。最底辺の僕の両親と言える。

スポンサーリンク

少年の背中には、複数の根性焼き。宗形成司の非道

タバコ押し付けは、初めての行為ではなかったということだ。

宗形成司のような親が子供を育てていると思うと、胸が締め付けられて虚しさが押し寄せてくる。どうして子供が苦しむことが平気で出来るのだろうか。率先して苦しませようとしていることが理解できない。

教育のつもりだったのだろうか。
この手の親の常套句である。「しつけとしてやった」最悪だ。

宗形成司の家族は?

宗形成司の家では、妻と複数の子供と一緒に暮らしている。

少年は6年生というし、宗形成司は29歳だ。長男ではないだろうか。

警備員としての仕事が出来なければ、少年たちが苦しくなるというのが、世の中の残酷さでもある。ネットでは「子供は親を選べない、そしてタバコを押し付けてくる親の元で生まれてしまった不幸を受け入れるしかない状況が存在していることがつらい」という声もある。