島津けいた性格|アルバイト先で店長を複数回殴打(発達障害・ADHD)

島津けいた性格
スポンサーリンク
スポンサーリンク

26日富山県の交番襲撃事件を引き起こした島津けいた容疑者。当初は人柄もよく、「こんな事件を起こすような子では絶対にない」という声のほうが大きかった。

そして今、だんだんとその仮面が剥がれてきている。島津けいたの本当の姿とは。

島津けいたのアルバイト先は、富山市内のファストフード店

島津けいた容疑者は、富山市内のファストフード店でアルバイトをしていた。

事件当日である26日にも正午から勤務についていた島津けいたは、掃除をするように指示をされても従わなかった

島津けいた、店長を複数回殴打していることが判明

雇われているのは島津けいた、当然勤務指示に従う必要がある。店長が注意をしたところ、島津けいたは激昂した。

注意する店長を睨みつけたと思うと急に殴りかかって、複数回の殴打をした。その勢いで、アルバイトを辞めると店長に伝えて、午後1時ごろには店を飛び出した

スポンサーリンク

アルバイト先を飛び出したのは、事件1時間前

アルバイト中の島津けいたの頭の中にはすでに、交番を襲って拳銃を奪う事を考えていたのではないだろうか。自分は世界を捨てようとしているさなか、仕事の要求をしてくる店長に怒りをぶつけたのかも知れない。

少年時代を知る知人からも、不穏な証言

「ほんのささいなことで怒ることがあり、人付き合いがあまり上手ではなかった」と話した。

島津けいた、近隣住民による数年前からの印象

実は数年前から「自宅から怒鳴り声が聞こえた」「何かを壊すような大きな物音が聞いたことがある」という話も出てきている。

島津けいたの動機は依然として不明

アルバイト先でトラブルが合ったと報道から、動機の在り処に目星がついたと思ったが、どうやら違うようだということはわかった。

アルバイト先ではすでに相当に苛ついており、情緒が安定していたとは思えない。直後に凄惨な富山市の交番襲撃事件を起こしたことを考えると、島津けいたの行動にも納得がいく。積もり積もったものが吹き出した。何が島津けいたを追い詰めたのか。

ネットでは発達障害ADHDではないかという意見も

何でもかんでも発達障害と結びつけるのは正直賛成は出来ない。ただし、全く反対なわけではない。事実は事実として受け止めなければ到底解決することは出来ないし、周囲の人間がサポートして医者の受診を受けるようにしてあげる環境こそが大事だからだ。

中学から母親を殴る家庭内暴力が度々発生し、怒声や物を壊す音が聞こえることもあったという島津けいた容疑者。自衛隊でも人を殴り、バイトでも人を殴り、最後には富山発砲事件を起こし。彼の人格は一体どんなものなのか、まだまだ謎は多そうである。

最新情報:>>島津慧大容疑者が殴った店長、骨折していた【画像】

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ