日下健史の顔画像。逆恨みでバットでボコし逮捕|仙台市青葉区郷六・東京都大田区派遣社員

スポンサーリンク

元カノか?フラれたのか?フラれて逆恨みか?

仙台市青葉区郷六の路上で、日下健史が元同僚の23歳女性を、突然後ろからバットでボコして逮捕された。

巷では元交際相手で、フラれたゆえの逆恨みではないかと見られている。

スポンサーリンク

日下健史の金属バット事件(仙台市青葉区郷六)

日下健史容疑者(28歳)は、仙台市青葉区郷六の近くに住む、元同僚の女性(23歳)の頭を金属バットで複数回殴り、左腕を大けがさせて逮捕された。

重要なのは、金属バットを持っていたということ。これは、日下健史容疑者が女性がこの付近にいることを知っていて、そして待ち伏せたうえで金属バットで殴りにかかった可能性が高いということである。

東京都大田区の派遣社員が、仙台市内で金属バットを持っている理由が、遊びであるなんてことはないだろう。

日下健史容疑者の顔画像

日下賢治容疑者の顔画像は現在見つかっておらず、公開されていない。自主である故に、警察に連行されるところもメディアで公開されていない。SNSなどの情報にも日下健史の情報は無かった。

プロフィールは、派遣社員28歳東京都大田区在住の武器金属バットだ。

スポンサーリンク

日下健史の供述

「カッとなってしまった。殺そうと思って殴った」と容疑を認めているらしい。女性は、日下健史がいることすら知らなかったようで、突然襲われたという。

よほど女に対して懸想していたのだろうか。女性は世の中たくさんいるのに、最近だと画面の中にまでいるのに、一つの者に執着して、犯罪行為にいたるというのは、社会のあぶく銭といえる僕でもよくわからない。

日下健史に金属バットでボコられた女性の容態

女性は頭を切り、左腕を骨折するなど大けがをしているものの、警察の事情聴取にも受けごたえすることができるぐらいには元気であるらしい。良かった。

女性は頭を守るために両腕で頭を覆ったのが、ケガからなんとなく想像できる。女性が逃げたのか、日下健史が怖くなってやめたのか、どちらにしろそのまま続行していたら大変なことになっていただろう。自首しているところを見ると、怖くなった可能性が高いか