稲田隆夫の顔画像|スマホ買取店に泥棒。電柱にぶつかり逮捕|大阪府・日本橋

スポンサーリンク

29日、大阪府日本橋のスマートフォン買取店に盗みに入った、稲田隆夫容疑者らが2人が逮捕された。

車に乗って逃げた2人は、パトカーに追いかけられ、夕陽丘入口から阪神高速へ入った後、天王寺出口付近でガードレールにぶつかり止まりました。

運転していた男は亡くなった、稲田隆夫容疑者は、職務質問しに近寄った警察を殴って公務執行妨害で逮捕されました。

スポンサーリンク

稲田孝雄容疑者、早朝のスマートフォン買取店へ侵入

早朝4時頃、スマートフォン買取店へ侵入し、スマートフォンやパソコンを大量に盗み出そうとします。
そして4時30分頃、浪速区スマートフォン買取から、品川区店舗に不審者がいると110番。すぐに警察が向かい、慌てて逃げ出した犯人たち。

他店から店内の様子が見れるようになっているのか、侵入が分かるようになっているのか、やはり最近のセキュリティは知らないうちにどんどん進んでいますね

稲田孝雄容疑者の顔画像

稲田孝雄容疑者と、故人となった共犯者の顔画像は後悔されていない。稲田隆夫の名前もありふれており、facebookやtwitterも見当たらなかった

スポンサーリンク

稲田孝雄、パトカーとカーチェイス

慌てて逃げ出した稲田孝雄容疑者ら二人は、車に乗ってスマートフォン買取店から逃げ出します。

稲田孝雄容疑者の逆走
稲田孝雄容疑者ら、当然のように逆走である。早朝では無かったらどうなっていたか恐ろしい。

パトカーから猛スピードで逃げて、阪神高速に乗り、そしてそこでガードレールにぶつかります。ガードレールにぶつかって運転手が帰らぬ人となったということは、当然ですがとんでもないスピードだったことがうかがえますね

警察と伊藤孝雄らのカーチェイスへの見解

「現状では、追跡行為は敵性であったと考えている」というのが大阪府警の考えだ。当然ですね。追いかけるなというのは無理な話だし、警察の運転によって、市民の車を巻き込むような大事故に発展したならわかりますが、被害が出たのは犯罪者の車だけ。

稲田孝雄容疑者、警察をぶん殴り「自分はやっていない」

白々しい問題であるとネットの声。

スマートフォン買取店で窃盗を働き、猛スピードで警察を振り切り、逆走をして、最後はガードレールに突撃するような人間を、信用してくれる人は残念ながら少ないだろうというのがおおよその見解らしい。警察にどうしても捕まりたくない諦めの悪さが出過ぎである