桑田弥徳の顔画像|尾道でコンビニ強盗成功後、自首して逮捕|広島県尾道市

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1日、尾道市のコンビニで、男が店員に包丁を突きつけて現金を奪って逃げました。

男は、直後に近くにある交番に自首し、逮捕されました。

逮捕されたのは、尾道市栗原町の無職・桑田 弥徳容疑者(34)です。

警察によりますと桑田容疑者は、1日午後9時50分頃、尾道市美ノ郷町にあるコンビニエンスストアで、店員に包丁を突きつけて「金を出せ」と脅し、レジから現金7万5000円を奪った疑いがもたれています。

店員にケガはありませんでした。

桑田容疑者は、犯行から数分後、700メートルほど離れた交番に行き、警察官が不在だったため最寄りの警察署につながる電話で「私がやりました」と自ら通報したということです。

警察は、犯行や自首に至ったいきさつを調べています。

桑田弥徳の尾道コンビニ強盗ナンバリング

1:19時50分ごろ、尾道市美ノ郷町のコンビニに、桑田弥徳が襲来
2:包丁を突き付けて、金を出せと脅す
3:レジから7万5000円奪う
4:店員にけがはない
5:桑田弥徳、逃走する
6:数分後、700m離れた場所の交番に、桑田弥徳が出現
7:警察がいなかったので、桑田弥徳が警察に通報

桑田弥徳の顔画像

すでに自首しており、搬送される映像がなければ、今後顔画像が公開されることはないかもしれない。強盗は凶悪犯罪なので、本人の性質に関わらず、公開される可能性が高いのは事実である

スポンサーリンク

桑田弥徳容疑者、逮捕されたかった可能性

桑田弥徳は無職である。
たしかに、無職であるから金に困って、コンビニ強盗した可能性はある。コンビニ強盗をした後に、自分のやったことを高速で見つめ直し、怖くなって自首した可能性はある。方法は酷く愚かであるものの、無職のおっさんが追い詰められてコンビニ強盗にいたるのは、度々あることだ。

 しかし可能性としては、逮捕目的で犯罪を犯した可能性が高い。強盗は未遂であったとしても、懲役5年になる重罪だからだ。他人を傷つける必要はなく、コンビニにナイフをもって脅しに行くだけで、簡単に懲役がつく。無職であるということだし、借金があったのかもしれない。しかしだいたいこういう場合、桑田弥徳の人の良さが出て、裁判官の裁量で、懲役は3年になったりする。

「希望的観測で金を借りるのは、3階から飛び降りるのと同じだ」by 僕

 借金はそもそも、返せる人用の制度である。企業家が「失敗したら再起不能」なんて借金の仕方をしている人がもいるが、大変なことだ。

人は神ではないので失敗するし、絶対に成功するなんて超ミラクルハイパー一流投資家のバフェットにだってあり得ない。だから再起の道は絶対に見越しておくし、一か八かなんて勝負はしない。皆さんも借金をするときは、必ず返せるか、もし失敗したらというパターンもよく考えてから借りましょう。

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ