遠藤洋の顔画像|山陽新幹線を止めた強盗が逮捕|東広島駅・東広島市

スポンサーリンク

JR山陽新幹線で、線路内に侵入し、60分も新幹線を遅らせた遠藤洋が逮捕された。

遠藤洋は、強盗事件で指名手配された。「オイオイ、とんだ凶悪犯じゃねえか」ボクは思った。

遠藤洋はコンビニで炭酸水などを奪った強盗の疑いで指名手配されていた

スポンサーリンク

遠藤洋の新幹線侵入の経緯

6月30日ごろ午後1時半過ぎのことだ。東広島駅付近で、線路内に立ち入る男を、山陽新幹線の駅の係員が目撃した。もちろん遠藤洋(炭酸飲料強盗事件!!!)である。指名手配を受けていたのを知っていたのか、人から隠れるようにして新幹線の線路にたどり着いたのかもしれない。

気持ちはわかる。何か線路を乗り越えるという行為は、非日常的で一目に触れないうえに、大きな一歩を踏み出した気がしないでもないからだ。気のせいだが。

遠藤洋の顔画像、facebook

遠藤洋の顔画像、facebookは現在見つかっていない。名前も一般的なものである故に、SNSでの情報を見つけるのも難しそうである。

スポンサーリンク

遠藤洋、路上で逮捕

警察が行方を追うこと40分。
大分時間が経っている。相当長い時間警察から逃げたようだ。見つかったのは西へ数百メールほど離れた路上だ。

数百メートルという数字は非常に面白い。

つまりこれは、茂みの中に隠れたりして、警察をやり過ごしていたからではないだろうか?遠くに逃げていれば、もっと距離が稼げたのは間違いない。一方で40分で数百メートルというのは、遠藤洋がなんとかして捕まるまいと身を潜めていたことがうかがえる。

炭酸飲料を盗んだ遠藤洋容疑者、多分”懲役3年”

遠藤洋容疑者37歳は、炭酸飲料を盗んだとはいえ、強盗は強盗である。

強盗の場合、盗んだ額と、被害者の怪我の状況、示談状況、以上の3つを参考にして罪の重さが決まる。定番としては求刑は5年、判決が大したことないので3年というパターンである。ちなみにひき逃げは大体懲役1年だ。ひき逃げでなくなった場合にはもっとだが、単なるひき逃げで多少の怪我であれば、1年で終わる。

遠藤洋もまさか、犯罪と刑罰のギャップで笑いを全国に届けるとは思っていなかっただろう。あ、新幹線止めたことに対する謝罪金は100万が相場である(うん億の損害が出ているが、大人の事情で100万円で許してもらえるという話)