サウジアラビア女性の人権!運転以外の胸糞禁止事項7個、と美女画像で癒される

スポンサーリンク

6月24日サウジアラビアで女性の運転が解禁された。

不勉強な僕は、運転が禁止されていることすら知らず驚愕して、

今回を機会にちょっと勉強しようと思い、この記事を作成した。

最初はえ?と思った。
運転が解禁されて、インタビューに応えたハトゥンさんは、「運転手を長時間待つ時代は終わったわ」「もう男性は必要ない」と「どんだけ有頂天になるんだよ」って思ってしまった。

しかしながら彼女の様子も仕方ないことだと理解が出来た。
まずサウジアラビアは世界で唯一、女性が自動車を運転することを法律で禁止している国である

無茶苦茶なあまり気分が悪くなるようなものとか、調べなきゃよかったよと若干後悔するようなものまで、いろんな女性の禁止事項が存在していることが分かったからだ。

どこまでも女性の人権が存在しない国で、国が運転を解禁することはとんでもないことなんだと分かった。

ぜひとも、ぼくといっしょにうへ~大変やなーと思いながら勉強しましょう。

スポンサーリンク

前提:後見人制度

サウジアラビア女性が、ありとあらゆることを禁止されている前提として、後見人制度がある。

運転が解禁されようが、後見人制度が無くならない限りは、焼け石に水なのだという。

今後出てくる文章はほとんどすべて「男性の許可がなければ」という条件が付く。

サウジアラビアの女性は自分で物事を決定することができない。

サウジラビア女性はパスポートを勝手に取得できない

パスポートは、後見人がいなければ取得することができない

パスポートの取得したいとする。しかし父親が何らかの理由で行方不明になっている場合には、パスポートの更新すらできない。

刑務所出所も後見人の許可が必要。女性の人権が弱い国であるから、後見人に罪を被せられて、放置される例もあるのだとか。

サウジアラビア女性は勝手に出所できない

女性冤罪が極めて多い国サウジアラビア。

男性と女性の意見が食い違っていたら、大抵の場合女性の意見が放棄される。女性が勝利するのは、周囲や権力者が女性に味方した時ぐらいの者だろう

そんなサウジアラビアでは女性は勝手に出所することはできない。

男性後見人によっては、出所を拒否して、永遠に刑務所にいなければならないような状況もあるのだとか。

サウジアラビア女性は、勝手に外出できない

こちらも後見人制度によるものだ。

男性近親者が許可を出さなければ、外出することは絶対に許されない。

サウジアラビア女性はスポーツ大会に参加できない

2012年のオリンピックで、初めてサウジアラビア女性がスポーツ対価に参加したことは有名な話だ。

五輪開幕わずか2週間前に2人の参加を認めた。

それまでは五輪出場国の中で、唯一女性アスリートの存在を認めない国だった。

しかし今なお、国立競技施設に女性が入場することはできないし、女性がスポーツする機会も、数年前一部の女性学校にスポーツの授業が設けられたぐらいだ。

サウジアラビア女性は証人になれない

証人になることができないのではなく、効力が男性の半分なのだ。

そもそも女性は男性が付き添わないと外出できないわけであるし、証人になるようなことも少ない

女性は銀行口座を勝手に開設できない

またまた後見人制度ですね。

勝手に財産を持てないということとほとんど同義です。

お金関係では遺産相続では女性は33%、男性が66%と、女性が男性の半分になるという話もある。果たしてこれが本当に守られているかどうかも不明である。

男性後見人と二分する場合、銀行口座を放棄させられてしまったら、遺産を分けることすらできないケースも多いのだとか。

女性は勝手に就職することができない

女性が仕事をしたいとしても、就職することは、女性が決めることではない。仕事と言えば、人生における生きがいの一つと言えるものである。

社会的、積極的な女性にとっては、とても厄介な存在と言える。

まとめ:男性の許可があれば大抵はできる、という簡単な話ではない

見ると分かる通り、
女性ができないことは、男性の許可があれば案外できる。

しかしながら重要なのは、「女性の社会進出に否定的な男性が大半を占める」社会だということが前提である。

我々日本人からしたら、「許可出ればできるんでしょ?」「おれなら許可ぐらいいくらでもするよ」と思えるかもしれない。

サウジアラビアの常識は
「女が旅行?生意気か」
「女が運転をするなんて、ふしだらじゃないか」
「女の分際でスポーツを見たいというのは、悪魔でも憑りついているのか?」

女性がいかに強く縛られているかが分かる。

自動車の運転も皇太子が改革を進めているらしいが、まだまだ時間はかかりそうである

中央のファッションリーダーのアラヌドさん

隣国アラブ首長国連邦ドバイ(出たドバイ)を拠点にするファッションデザイナー。
サウジアラビア人女性で、レディ・ガガも彼女の手掛けた服を着るほどずば抜けたセンスを持っているらしく、中東のファンションスターらしい。

同時にぼくが今まで見てきたゴリラ顔の中で、もっとも美しい女性と言える。

Rather than love, than money, than fame, give me truth.. 🙌🏼❤️

Alanoud Badr – العنود بدر 🇸🇦さん(@fozaza)がシェアした投稿 –

社会
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ