高見彰良さん交通事故【愛知県岡崎市】三重県川越町の伊勢湾岸道

高見彰良
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【高見彰良さんの死亡交通事故記事:4行要約】

三重県川越町の伊勢湾岸自動車道で、経っている人が轢かれる交通事故が起こった

轢かれた男性は、単身事故を起こして社外で110番通報していた

③重体になったのは、愛知県岡崎市の会社員、高見彰良さん27歳

④乗用車の男性は「気付くのに遅れ衝突した」

高見彰良の交通事故の報道内容【三重県川越町】

 13日未明、三重県川越町の伊勢湾岸自動車道で、単独事故を起こして車の外に出ていた男性を別の車がはね、男性は重体になっています。

 13日午前2時20分頃、三重県川越町の伊勢湾岸道の下りで、道路上に立っていた男性を乗用車がはねました。

 男性は、愛知県岡崎市の会社員 高見彰良さん(27)で、病院に搬送されましたが、全身を打ち重体だということです。

 三重県警高速隊によりますと、高見さんは、当時、単独事故を起こしたため、車の外に出て110番通報していて、乗用車の男性は気付くのに遅れ衝突したということです。

スポンサーリンク

高見彰良さん(たかみあきよし)について

【名前】高見彰良

【年齢】27

【住所】愛知県岡崎市

【職業】会社員

【事故内容】高速道路上で立って110番通報をしていたところ、乗用車にひかれた。

【事故原因と正しい対処方法】道路上で110番通報していたことが全ての原因です。通常、高速道路上に人が立っているなど、予想できるはずもないため乗用車の男性が想定外のことに気付くのが送れたのも当然でしょう。

正しい対処方法としては、路肩に車を寄せられるなら寄せる。発炎筒を焚き、50m後方に停止表示器を設置。夜中であれば、発炎筒の役割はとても大きいです。そして出来るだけ安全に、ガードレールの外側もしくは、路肩に避難することです。110番通報するのは、避難後です。

今回の交通事故では高見彰良さんは道路上にたって110番通報していたということです。これは対処方法としては最悪の方法ですね。安全を確保していないうえ、もっとも危険な場所で電話。

重体となったことは同情しますが、車を運転するものとしては非難されるべきことでしょう。くわえて時間は午前2時20分です。夜の高速道路は驚くほど暗く、車のライトを頼りに安全を確保します。加えてスピードも出ているので、制動距離が長いです。

このような状況では、高速道路上で警察に電話している人間をが立っていることに気づけという方が無理があります。ネットで、轢いてしまった男性に同情しているのもそのためですね。

スポンサーリンク

高見彰良の交通事故の場所と時系列

【高見彰良さんの交通事故の時系列の推測】

高見彰良さんは三重県川越し町の伊勢湾岸自動車道を走っていた

スリップしたのか、単独事故を起こす

高見彰良さんは、スマホをもって車の外に出る

車から出てすぐ110番通報

電話をかけながら路肩へ向かっていたか、高速道路の真ん中でうろうろしていたか、高速道路の真ん中で突っ立っていたかは不明

とにかく、追い越し車線上で電話していた

そこに乗用車が来る

高速道路であること、そして時間が午前2時20分出会ったことから、スピードも出てブレーキが間に合う状況ではなかったか

高見彰良さんに衝突

高見彰良さんは全身を打つ

病院に搬送

重体

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ