青山庸子の交通事故【千葉県柏市】事故原因はどちらに非が?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【青山庸子の交通事故の記事:4行要約】

千葉県柏市で女子中学生が轢かれる交通事故が起こった

現場は信号のない交差点

③逮捕されたのは、保育士の青山庸子64歳

どちらに事故原因があるのか?

青山庸子の交通事故の報道内容【柏市】

13歳の女子中学生が車にはねられ、意識不明の重体になっている。

警察によると14日午前8時前、千葉県柏市の信号のない交差点で自転車に乗った13歳の女子中学生が車にはねられた。女子中学生は病院に搬送されたが、意識不明の重体だという。

警察は車を運転していた自称・保育士の青山庸子容疑者を過失運転致傷の疑いで逮捕し、詳しい状況を調べている。

スポンサーリンク

青山庸子について

【名前】青山庸子

【年齢】64

【職業】保育士

【容疑】過失運転致傷

【事故状況】信号のない交差点で、自転車に乗った女子中学生が車にはねられた

青山庸子

肝心の交差点というのはこの場所なようだ。

分かりにくいかもしれないが、この画像側の道路は「一時停止」のサインがある。つまりこれが全てだ。

坂道から女子中学生が来た場合には、一時停止の意味も考えて、事故原因は女子中学生と青山庸子の両方にある。両方の理由は自転車の一時停止無視はよろしくないが、「信号のない横断歩道」があるので、そもそも自転車にぶつかるような速度でそうこうしている青山庸子容疑者にも十分な過失があるといえる。

逆に青山庸子容疑者がこちらから突っ込んでいるなら、女子中学生に全面的に同情するところだろう。自転車にも徐行義務があるものの、車ほどスピードが出ていない分、通常速度でも十分に停まれるからだ

スポンサーリンク

どちらの確率が高いか?

正直まったくわからない。五分五分である。

というのは、自転車で一時停止を守らない人はメチャクチャいる。自転車だからという理由で多少スピードを緩めることはあっても、平気で通り過ぎる。加えて今時の中学生が自転車の法律を知っているかどうかも微妙だ。義務教育で知っておいてほしいところだが、全く勉強しない子も多い

そして一時停止を無視する高齢者もめちゃくちゃ多い。事故を起こすための運転をしていたりする。

なので下手なことを言えないのが現状だ。ただ道路の状況から、坂道を自転車で降りてきた女子高生が一時停止を無視して、交差点に突っ込み道路を走っていた青山庸子が突っ込んだという話の方が想像しやすいのは事実である。

この場合の非は、自転車の女子中学生が2、信号のない横断歩道を前にスピードを緩めていなかった青山庸子容疑者が8なのではないかと思われる(違う可能性もあります)

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ