石川裕士 顔画像【江東区】全体の流れをわかりやすく把握

石川裕士
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【事件あらすじ】

①逮捕されたのは、東京都江東区に住む石川裕士35歳。

②石川裕士は10代少女を脅して、下半身を触るなど違法な行為をした疑い

③石川裕士は少女の後を付け、人につきづらい非常階段に連れこんだ

④石川裕士「弁護士が来るまで話しません」の効果について【後に解説】

石川裕士の強制違法事件詳細【江東区のアパート】

10代の少女に「声を出したら殺すぞ」と脅したうえ、下半身を触るなどしたとして、35歳の男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、東京・江東区に住む石川裕士容疑者(35)で、今年5月、自宅近くのアパートに住む10代の少女に「声を出したら殺すぞ。おとなしくしていたらすぐ帰れる」と脅して、下半身を触るなど、違法な行為をした疑いが持たれています。石川容疑者は、少女がアパートのエレベーターに乗ったことを確認して後をつけ、人目につきづらい非常階段に連れ込んだということです。

取り調べに対し、「弁護士が来るまで話しません」と供述しているということです。

石川裕士について【江東区】

石川裕士
【名前】:石川裕士

【年齢】:35

【住所】:江東区

【職業】:??

【容疑】:少女への強制違法

【供述】:「弁護士が車で話しません」

会社員でしょうか、会社員なら首ですね。

それにしても、犯行現場は自宅付近のアパートなんだそうですね。だとすると杜撰というか隠す気があるのかという感じですね。

エレベーターに乗ったことを確認してから後を付けたというふうに計画的な様子が掛かれていることもあり、前々から狙っていたのかもしれませんね。

石川裕士のアパート

東京都江東区というと人口も多いですし、やはり犯罪件数も増えますからね。

少女は10代ということですが、トラウマが残っていなければいいですね。

現在、石川裕士は「弁護士が来るまで話しません」と言っているようですが意味はあるのでしょうか。少し見ていきましょう

石川裕士「弁護士が来るまで話しません」の効果について

結論から言うとお手本のような対応です。

警察に逮捕された時、警察は「おまえには黙秘権がある」とドラマや小説で説明しているのを見たことあります?あれは現実では一切ないようですよ。ただ供述調書に「黙秘権に関して説明したよ」というふうに書いてあるそうですね。

警察からすれば黙秘されると面倒くさいので、相手に対処方法なんて教えないわけです

加えて警察は「弁護士呼ぶとお金かかるよ?」なんて言ってくることがあるそうです。しかも真っ赤な嘘です。弁護士は無料で呼べるんですね。

まとめていうと、警察は取り調べしている相手にさっさと認めてもらってさっさとしゃべってほしい。弁護士も呼ばれたくない、弁護士を呼ばれる前にペラペラ証拠となりそうな発言をして欲しいと思っています。

そういう点に置いて、石川裕士は正しい選択をしていますね。うがった見方をすれば手慣れてるなーと思ったりもします。知りませんけどね

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ