温泉法とは!妊婦は温泉禁止だよ【禁忌症とは】そんな法律知らなんだ

2014y04m06d_065641737

「温泉法、32年ぶりに見直し!」そんな記事があったので、

読んでみると、

「妊婦は温泉は言ったらだめなんよ、禁忌症起こるからね!」

というコトで、実は、妊婦は温泉に入っちゃいけない

というコトを法律的に定めてあったんだそうです。

知らなかった・・・

 

でも確かに、テレビの特集とかで、

妊婦にいい温泉特集みたいなの見たことないな~

 

とはいうものの、全面禁止じゃなくて、

温泉の効能、注意書きがされていて、

もし、温泉に妊婦が入って、そこ流産が起こったりすれば

宿の責任になってしまう・・・

ということなんだそうです。

 

確かに、旅館、温泉によっては、

妊婦お断りの掲示がされてあったりしたのを

見たことがあるような気がする。

 

これでようやく合点がいったというものです。

スポンサーリンク

温泉法、でも改善されたらしいです

しかし、その温泉法が32年ぶりに改正されたんだそうですよ。

つまり、その『妊婦は温泉に入ったら危ない!』という

注意書きが削除されたんだそうです。

温泉法改善の理由

理由は

『過去いろいろ調べてみたけど、

妊婦が温泉はいったら大変なことになる

なんて事実はどこにもなかった。

論文にもなかった。

じゃあ大丈夫だわこれは。』という感じ。

 

もちろんこんな安易に決めたものじゃないと思いますよ。

だって32年ぶりのことなんですし。

相当調べて、結果、大丈夫だと判断した

というのが実の所なんだったと思います。

禁忌症とは

禁忌症というのは、

温泉に入って療養したら絶対にダメですよ~

というような体の状況、病気、症状などのことを、

総じて、禁忌症というように言うんだそうです。

 

皆さんがよく聞く病気で言えば、

肺炎とか白血病なんかがこの

禁忌症にあたるんだそうです。

 

ここら辺の病気の人は、

間違いなく、入院してるんで、

温泉に入ることはそんなにない気がしますけどね。

え、そういうのあるの?温泉大丈夫かな?私な方へ

もし、不安になったというのであれば、

「温泉療法医」という人に

相談するのがいいんだそうです。

 

彼らは、医者ですね。

医者なんですが、

温泉に関する知識がかなり高い医者です。

 

温泉は体にとてもいいので、

病気改善にプラスとなることも多いでしょうが、

逆もまた然りというコトで、

こういう人たちがいるんですね。

もし、気になるのであれば、調べてみるといいかもしれませんね。

 

話は戻って温泉法改正の話まとめ

話を戻して、まとめていきます。

妊婦が温泉に入るのはいいですか?

正解は『OK』です。

 

何の科学的根拠もないことなんだそうです。

 

でも注意点が一つだけ。

熱いお湯に入るのは良くないんだそうです。

40度前後が望ましい。

45度とか、50度とかの温泉に入ると、

体のバランスが非常にぐらついてしまうため、

温泉じゃなくてもマイナスとなるなんだそうです。

 

気を付けましょう。