永井陸さん死亡交通事故【大田市】左にハンドルを切った荻野光隆

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【永井陸さん死亡交通事故記事:4行要約】

大田市五十猛町の国道9号線で、中学生二人がトラックにはねられる事故が起こった

中学生は1人が死亡、もう一人は左足を骨折するなど重傷

③死亡したのは、中学生の永井陸さん13歳

④轢いた荻野光隆の供述「前の方で止まっていた軽乗用車をよけようと左にハンドルを切った」

永井陸さんの死亡交通事故の報道内容

島根県大田市の国道で中学2年の男子生徒2人がトラックにはねられ、1人が死亡しました。

 12日午前9時ごろ、大田市五十猛町の国道9号で「歩行者2人がはねられた」と119番通報がありました。警察によりますと、前の方で止まっていた軽乗用車を避けようとトラックが左にハンドルを切ったところ、道路脇にいた男子中学生2人をはねたということです。この事故で、中学2年の永井陸さん(13)が死亡し、中学2年の男子生徒(13)が左足を骨折するなどの重傷を負いました。永井さんと男子生徒は、家族同士で観光に来ていたということです。警察は、トラックを運転していた荻野光隆容疑者(34)を過失運転傷害の容疑で現行犯逮捕しました。荻野容疑者は容疑を認めていて、警察は容疑を過失運転致死傷に切り替えて詳しい事故原因を調べています。

スポンサーリンク

永井陸(ながいりく)さんについて

【名前】永井陸

【年齢】13

【職業】中学生

【状況】夏休みに家族で観光中に撥ねられてしまったようだ。家族で楽しく夏休みを過ごしていた時にこんな事故に遭ったというのはとても耐えられることではないだろう。どうしてそのような事故が起こってしまったのかを見ていく。

【事故原因】荻野光隆「軽乗用車を避けようと左にハンドルを切った」

言うまでもなく、追い越し車線は右側、追い越すときも必ず右側。前方の車をよける場合には、右側から抜かす。左側にハンドルを切るタイミングは、通常の状況で存在するものではない。例外的に右折する車を待っていたということがありえるが、右折するまで待てばいいだけの話であって、そこまで急いでしかも歩行者を確認することもなく、道路からはみ出るほど左にハンドルを切るのは非常識と言わざるを得ない。

よって歩行者である永井陸さんたちに原因があるはずもなく、100%荻野光隆容疑者の過失、しかも酷く身勝手な過失によるものなのではないかと思われる。

左側に避けざるを得ないとしたら、左側を注意深く確認するのは当たり前だろう。しかも現場は片道1車線であり、無確認で左にハンドルを切る意味が分からない。34歳にもなって何をしているんだと怒鳴り付けたくなるような、交通事故だ

スポンサーリンク

まとめ:永井陸さんの死亡交通事故に対して世間はこう見てる

・は?なんで前方に車が停まってて追い抜こうとするの?歩行者待ってたんじゃないの?しかも左側から?意味が分からない。しかもトラック運転手ってプロドライバーじゃねえだろうな。コイツメチャクチャなんだが

・家族旅行で子供亡くなったのかよ・・・辛すぎる。

・車の運転手がド素人すぎるんだが

・前方不注意だろうが、酷すぎる

・ほとんど未必の故意と言っていいじゃない。

・右折する車ぐらい待てよ。運転下手くそなせいで家族がどれだけつらいおもいをするか・・・

男子中学生2人がトラックにはねられ1人死亡 島根(18/08/12)
スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ