横山ふじこ【息子との関係】処方してもらった睡眠薬の成分が一致

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横山ふじこ【殺人の証拠】処方してもらった睡眠薬

三重県鈴鹿市稲生塩屋1丁目の解体作業員横山麗輝(よしき)さん(25)の遺体が自宅駐車場の車内で見つかった事件で、麗輝さんの遺体から睡眠導入剤の成分が検出されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は、睡眠剤を服用した状態で殺害された可能性があるとみている。

捜査関係者によると、司法解剖の結果、遺体から検出された睡眠剤は、死体遺棄容疑で逮捕された妻の富士子容疑者(45)が処方された薬のものと成分が一致したという。

麗輝さんの遺体には、首に電気コードが巻き付けられ、死因は窒息死と判明。首付近には、圧迫された際に麗輝さん自らがつけたとみられるひっかき傷も残っていた。県警は、睡眠剤で意識が薄れた状態のなか、抵抗したときにできたものとみている。

ちなみに横山ふじこ容疑者は任意の事情聴取で以下の要に応えています。

「夫が何者かに襲われて興奮していたため、落ち着かせようと睡眠剤をスナックで飲ませた」

「その後、1人で帰宅したが、連絡が取れなくなった」

“何者か”という人物はメチャクチャなので放置してみると、一見筋は通っているような気がします。

しかし実際には、横山ふじこ容疑者と上山まお容疑者が、軽ワゴン車(横山麗輝さんが見つかった)に「スナック店」から何かを積み込んでいるところが防犯カメラに映っている上に、上山まお容疑者がその軽ワゴン車を運転して家の方に向かって行くのもばっちり映ってます。

しかも子の防犯カメラの映像から発見まで、わずか1時間程度しかないんですよね。そろそろ横山ふじこ容疑者の証言も苦しくなってきましたね。

横山ふじこ容疑者の息子、全部分かっていた

横山ふじこ容疑者の息子は、この事件に置いて重要な立ち位置におり、横山麗輝さんの遺体、第一発見者です。

午前5時55分という早朝に発見しましたが、実はこれ、理由があるんです。

それは横山ふじこ容疑者から電話が来たそうです。「麗輝の様子を車に見に行ってくれないか」

早朝ですよ?意味不明ですよね。

そして違和感を覚えながら息子さんは車に向かいました。その時にもいくつか違和感があったといいます。

・早朝だというのに電気がついたリビング

・なぜかぽつぽつと落ちている血痕

・血が薄く広がった床

半ば確信しながら車を見に行ったようですね。そして息子さんは、横山よしきさんを見つけました。

その後の息子さんのコメントが以下です

横山富士子の息子

横山ふじこ容疑者の息子

息子さんは全部わかっていたんですね。

母親が息子に見に行かせた理由

1番シンプルな理由は、自分が第一発見者になるのを嫌った。

よく小説やドラマで第一発見者が疑われる展開ってありますよね。横山ふじこ容疑者も殺人は初めてなのでそういうのを参考にせざるを得な勝ったのかもしれません。

だから息子に見に行かせた。

そしてもう1つ考えられる理由。こっちはえげつないですが、息子に疑いの目を向けさせたかった。息子が冤罪で捕まればイイと思った。

わずかな可能性ですが普通にあり得ることですよ。

横山ふじこ容疑者は、横山麗輝さんの死後すぐに、上山まお容疑者と同棲を初めて、告別式が終わって間もないのに、父親に「麗輝の遺産を早く放棄してくれ」と再三電話をかけています。少し僕にはどのような行動をする人なのか及びが付かない人物ですね

横山ふじこ
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ