樋渡翔成くん事故からわかるライフジャケットの重要性【久慈市舟戸漁港】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【樋渡翔成くんの海難事故の記事:4行要約】

舟子漁港沖で小型ボートが転覆する事件が起こった

乗員は3人で、いずれも一晩行方不明になっていた

③海難事故に遭ったのは、久慈市の瀬野昭司(46)、東京都の外舘博幸さん(43)、青森市の小学6年・樋渡翔成くん(12)

④3人はいずれも命は無事、しかし樋渡翔成くんは意識不明の重体で、間もなく亡くなってしまったようだ

樋渡翔成くんらの海難事故の報道内容【久慈市舟戸漁港】

14日、岩手・久慈市の漁港から、ボートで釣りに出掛けた3人が行方不明になり、捜索活動が行われていた。

15日午後、3人が発見され、うち2人は無事で、小学6年生の男子児童が、意識不明で病院に搬送されている。

発見されたのは、久慈市の瀬野昭司(46)、東京都の外舘博幸さん(43)、青森市の小学6年・樋渡翔成君(12)の3人。

警察などによると、親戚同士の3人は、14日午前7時半ごろ、久慈市の舟戸漁港から組み立て式の小型ボートで釣りに出掛けた。

14日午前9時40分に、翔成君から母親に携帯電話で動画が送られてきたのを最後に、連絡が取れなくなり、夕方、家族が警察に通報した。

消防や八戸海上保安部による捜索が行われ、3人が乗っていたボートが、15日午前、久慈市三崎沖およそ3kmの海で発見。

そして午後2時15分、岩手県警の船が久慈漁港付近で3人を発見した。

大人の瀬野さんと外舘さんは、意識があり無事だが、翔成君は意識がなく病院に搬送されたという。

スポンサーリンク

事故に遭った樋渡翔成くんら3人について

久慈市の瀬野昭司さん(46)
東京都の外舘博幸さん(43)
青森市の小学6年・樋渡翔成くん(12)

3人は親戚同士で、船に乗って釣りに出かけていた。

14日午前7時30分ごろに出発して、午前9時40分に携帯電話の動画が送られてきたのを最後に連絡を取れなくなった

夕方には警察に通報されており、転覆したのは10時~2時ごろではないかと思われる。

そしてずっと行方不明であったが24時間後に発見された。

スポンサーリンク

3人ともライフジャケットを付けていた

数分だけ目を離したすきに海難事故を起こしてすぐに助け出されているのに命を落とした人間と、沖で海に投げ出されて24時間以上生きていた3人の違いは、ライフジャケット以外にはないだろう。

前者では20代など若者も多く命を落としているが、今回の事件では、意識不明でありながら樋渡翔成くんはなんとか命を落とさずに病院に搬送されている。

今回の事件は、ライフジャケットがどれだけ大事なのかというのを明確に表しているように思う。海の中で体温は奪われるかもしれないが、海の中で浮いていることに対しては全く力を入れる必要はなく、小さな子供でさえ24時間もの間生き続けることができている。

ライフジャケットは、海に出るときは本当に重要だ。ライフジャケットでなくても、何かしら浮力があるものを身に着けて海に行くのは命を守る行為としてこの上ないものであることは間違いないだろう

樋渡翔成くんはどうすれば救えたのか

大人二人は生き残った一方で、体力のなかった樋渡翔成くんは命を落としてしまった。

どうすれば命をつなぐことは出来たのかを考える。

報道によれば、樋渡翔成くんは溺死だったという。ライフジャケットをつけているのになぜ。専門家によれば、漂流中に波が顔にかかることによって溺れてしまうことがあるのだという。

体が小さい樋渡翔成くんは当然顔にかかる海水の量も多かっただろう。こればっかりは運次第と言ったところのようだ。

ただ大人がもう少し樋渡翔成くんに気を使って水を飲み込まないような対応することは出来ただろう。これはライフジャケットを身に着けていれば溺れることはないだろうと思っていると無理であるから、当時樋渡翔成くんと一緒にいた大人たちには無理だっただろう。みなさんはもし、ライフジャケットを身に着けて漂流してしまった場合には、波が顔にかか利続けることによって溺死することをよく覚えておきましょう。一人では何も出来なくても、二人以上ならなにかできるはずです

水難事故が不安なら絶対に買っておくべき「Kingii」

kingii | This wristband saves lives from drowning

こういう緊急避難の道具があることを知識として知っておいてほしい。そうすれば、救えるはずの命もいくつかあるはずである。
>>「kingii」を見に行く

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ