有賀和彦【佐久市立望月中学校】教師が酒気帯び運転で逮捕!教員終わり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【事件あらすじ】

①有賀和彦は佐久市立望月中学校の教員だ。

②佐久市立望月中学校は、車が無ければ非常にアクセスが厳しい中学校だ

③近所に駅もないし、しかも飲酒運転

④有賀和彦教諭の中学校生活は、退職金をもらわずに終わりそうである

有賀和彦・中学校教師の飲酒運転事件

佐久市の中学校に勤務する男性教諭が、酒を飲んで車を運転したとして警察に逮捕されました。
酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは、佐久市前山の教諭有賀和彦容疑者・54歳です。
警察の調べによりますと、有賀容疑者はきのう午後6時20分ごろ、自宅近くの県道で酒を飲んで乗用車を運転した疑いです。
有賀容疑者が自損事故を起こし、駆けつけた警察官が調べたところ、呼気から基準値を上回るアルコールが検知されました。
有賀容疑者は佐久市立望月中学校の教諭で警察の調べに対し、酒を飲んで車を運転したことを認めているということです。

有賀和彦の住所と佐久市立望月中学校の場所

有賀和彦の住所である前山加羅は、佐久市立望月中学校は11kmある。おじさんが急に車から自転車、徒歩に切り替えるのは無理だろう。バスがあるかもしれないから、バスで行くという方法は確かにあり得る。

ただ、飲酒運転は教員として絶対にやってはいけないことであるし、義務教育を担当するものとしてふさわしくないと保護者から連名で訴えがありそうである。

有賀和彦容疑者は、飲酒運転で衝突事故まで起こしている始末だ。仮にぶつかったのが、縁石ではなく人間だったら懲役刑まで下される、超重罪。ハッキリ言って、そう簡単に許されていいものではないだろう

有賀和彦がこの飲酒運転で失うもの

おそらく懲戒免職の確率が高いが、ここでは懲戒処分だと考える。

しかしどちらであるというのは実は関係ない。

というのは、懲戒免職でなく停職処分であっても、職場における視線は非常に厳しく、担任はまず外されることだと思われる。交通手段をなくして、学校に勤めることができなくなるかもしれない。

懲戒免職の場合には、退職金をすべて失ってしまう可能性すらある。飲酒運転で退職金が2500万円から0円になった例というのは実際に存在しているため、有賀和彦からすれば、老後が一気にハードモードになるだろう。

飲酒運転は後悔しかない。簡単に出来てしまうゆえに、絶対にやってはいけないと心に決めておかねばならない。皆さんは気を付けるように。痛手は大きい。

有賀和彦に対する反応

・教師として失格。子供に義務教育を教えているなんて絶対にありえない。

・飲酒運転をするような教師が、何を言っても子供は絶対に言うことを聞くはずがない。飲酒運転なんて、手が届きやすい範囲ではもっともやってはいけない道徳的判断が必要な行為。有賀和彦教諭にはそれがない

・即刻懲戒免職にして欲しいわ。

・中学の教師が飲酒運転なんてあり得ないだろ。日頃からやってたのか?同じ口で子供に常識語ってたのかね。変な話だ

・子供に混じって道徳の授業を一緒に受けてください。子供があなたの姿を見て、こんな大人にはなりたくないなーと決意を固めて良い教育になるでしょう

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ