斉藤煌太さん【水晶浜海水浴場】死亡事故。家族で訪れ行方不明に

斉藤煌太
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【斉藤煌太さん水難事故の記事:4行要約】

福井県美浜町の水晶浜海水浴場で水難事故が起こった

家族5人は馬背川河口付近で遊泳していたようだ

③亡くなったのは、愛知県東海市中央町6の斉藤煌太さん

④行方不明になったあと、父親から110番通報があった

斉藤煌太さんの報道内容【水晶浜海水浴場】

17日午後3時ごろ、福井県美浜町竹波の水晶浜海水浴場で、愛知県東海市中央町6の小学1年生、斉藤煌太(こうた)さん(6)が行方不明になったと父親から110番があった。捜索に加わった男性が、海水浴場南側の馬背川河口付近で水中に沈んでいる斉藤さんを見つけたが、搬送先の病院で死亡が確認された。溺死とみられる。

 福井県警敦賀署によると、斉藤さんは両親と姉妹の5人で訪れ、河口付近で遊泳していて溺れたとみられる。

スポンサーリンク

斉藤煌太さんについて(どこの小学校?)

【名前】斉藤煌太

【年齢】6

【住所】愛知県東海市中央町6

【職業】小学1年生
小学校は明らかになっていませんが、中央町6付近の小学校は、船島小学校、平洲小学校、富木島小学校の順に近い場所にあります。

家族は5人で愛知県から福井県の海水浴場まで遊びに来ていたのでしょう。夏休みですからね。家族のことを考えるととてもつらいですが、今回の事故原因についても深く考えてみましょう。

スポンサーリンク

斉藤煌太さんの事故原因。河口域は危険と言われている

馬背川の河口がどうであったかは知りませんが、一般的に河口域というのは他の砂浜よりも危険だと言われています。

理由は、海水と河川水が混ざる部分なので複雑な流れになっているということ。上流のしけの影響を最も強く受ける場所であること。そして水深が急に浅くなったり深くなったりとしているため、大きな波が立ってさらわれやすいということです。海岸では、波にさらわれることによって溺れる事故が多く起きますが、河口付近ではそれが顕著に起きやすいと言われています。

そして今回、斉藤煌太さんは河口付近の水中に沈んでいるのを発見されています。おそらくは河口付近の複雑流れに巻き込まれて川底に引きずり込まれてしまったのだと思います。こういった知識は調べればすぐに出てきますが、一般常識として身につけているかと言われたらそうではないですからね。この記事を読んだ気に覚えていただければ幸いです

水難事故が不安なら絶対に買っておくべき「Kingii」

kingii | This wristband saves lives from drowning

こういう緊急避難の道具があることを知識として知っておいてほしい。そうすれば、救えるはずの命もいくつかあるはずである。
>>「kingii」を見に行く

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ