弥谷たかひと高校は?妻、弥谷麻衣子の殺害、動機が判明!?父親は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

弥谷たかひとの事件詳細【きらぼし銀行】

茨城県取手市の実家に遺体を捨てたとして銀行員の男と母親が逮捕された事件で、男が妻の殺害をほのめかした上、「生活上のトラブルでうっぷんがたまっていた」と供述していることがわかった。

この事件は、銀行員の弥谷鷹仁容疑者と母の弥谷恵美容疑者が今年3月、取手市の実家の敷地に遺体を埋めたとして18日に逮捕されたもの。

調べに対し、鷹仁容疑者は「妻を実家に埋めた」と供述していて、遺体の身元は行方不明になっている妻の麻衣子さんとみられている。

麻衣子さんの父親「まだ頭の中が整理できていないので。悔しいというのが第一ですよね」

また、捜査関係者への取材で、鷹仁容疑者が調べに対し麻衣子さんの殺害をほのめかした上、「生活上のトラブルでうっぷんがたまっていた」と供述していることがわかった。

警察は、日常生活を巡る夫婦間のトラブルが事件の原因となったとみて調べていた

弥谷たかひと情報

弥谷たかひと
【名前】:弥谷鷹仁

【年齢】:36歳

【住所】:千葉県柏市

【職業】:銀行員(きらぼし銀行エリート)

【供述】:「妻を実家に埋めた」「うっぷんが溜まっていた」

警察当局の発表では、弥谷鷹仁は死体遺棄容疑で逮捕されているが、殺人をほのめかすような供述もあるようだ。

「うっぷんが溜まっていた」ということから、弥谷たかひと容疑者と弥谷麻衣子さんの関係はもしかしたらそれほどいいものではなかったのかもしれない。

調べでは、弥谷たかひと容疑者は銀行マンとしてバリバリに働くエリートで、実家は金持ち(父親は会社の社長です。共犯の弥谷恵美は役員やカフェ経営をしていました)
弥谷たかひと
実家の敷地は広く、それこそ遺体を埋めることができるほどに大きい。裕福な家庭に生まれて裕福な社会的地位まで手に入れている。

弥谷たかひと高校は?大学は?弥谷麻衣子は?

弥谷たかひと学歴については、「法学部法律学科」という内容だけ明らかになっている。これは大学だが、どこの大学かは明示されておらず現状明らかになっていない。ただ、きらぼし銀行のエリートであるということで、それなりの高学歴であるのは間違いないようだ。

一方弥谷麻衣子は、柏高校【偏差値67】、東京女子大学【偏差値68】非常に優秀な女性であることが分かっている。まさに絵にかいたようなイイとこの息子とイイとこの娘が結婚した様相である。

弥谷たかひと動機は?うっぷんが溜まって突発的な犯行か?

弥谷たかひと容疑者は、事件当日、弥谷麻衣子さんと口論していることが明らかになっている。

本人がカモフラージュのために行ったことであるが、おそらく本当なのだろう。口論した理由作りなのではないかと見られている。警察の調査時に口論していた事実を知られても不自然に思われないようにするためだ。

そして鬱憤が爆発した結果に誤って弥谷麻衣子さんの命を奪ってしまったのではないだろうか。

よく誤解があるが、女性と男性の犯罪率はほとんど1:1である一方、感情が爆発したことによって信じられないような行動、犯罪に至るのは圧倒的に男の方が多いらしい。たとえば、癇癪を起して放火する割合は男性の方が多いし、感情的になって人をナイフで刺すのも男性が多いらしい。女性の方が感情的な面があるのは確かなようだが、爆発時の逸脱度は圧倒的に男性の方が高いようだ。

弥谷たかひと容疑者は、「人を殺すことによって発生する損を勘定できない」人間には到底思えない。であれば、やはり動機は突発的な感情の爆発とみてまず間違いないだろう。考えてしまうのは、こうして突発的な犯罪に至るのは誰でも起こりうることなんじゃないかということだ。俺はこんなことしないと思っていて本当に大丈夫なんだろうかと不安になることがある。彼と同じ轍を踏むまいと気を付けたい。

スポンサーリンク
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ