宇賀神裕人さん荒川で水難事故【埼玉県加須市】現場から6km離れた場所で発見

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【宇賀神裕人さんの荒川での水難事故記事:4行要約】

荒川のキャンプ上で男子大学生が流される事件が起こった

大学生は友人4人と遊んでいて流された

③死亡したのは、加須市の大学生、宇賀神裕人さん20歳

④宇賀神裕人さんは行方不明になった場所から6キロメートル離れた場所で発見された

宇賀神裕人さんの荒川の水難事故の報道内容【加須市】

14日に埼玉県長瀞町のキャンプ場で川遊びをしていた男子大学生が流され、行方不明になっていた事故で、16日、男子大学生が死亡した状態で発見された。

この事故は14日、長瀞町のキャンプ場近くの荒川で、加須市に住む大学生宇賀神裕人さん(20)が同級生4人と遊んでいた際に流され、行方がわからなくなっていたもの。

警察などが捜索活動を続けていたところ、16日午前10時半頃、行方不明になった場所からおよそ6キロ下流で、うつぶせの状態の宇賀神さんを発見したが、死亡が確認された。

警察は事故の経緯や死因などを調べている。

スポンサーリンク

宇賀神裕人さんついて

【名前】宇賀神裕人

【年齢】20歳

【住所】埼玉県加須市

【職業】大学生

【事故】荒川のキャンプ所で川に流された

【荒川について】


場所によっては流れが早く、深さもある。当日がどのような状況であったかは定かではないが、大学生が流された以上、どんな人間でも流され得るぐらいの状況だったのは間違いないだろう

【川遊びの危険性】
川べりのキャンプ場は避暑地としては最高であるし、多くの人が訪れる場所でもある。しかし休日ということでハメを外しすぎてしまう人も多い。

それは例えば、川で遊ぶ準備などが何も出来ていない状況でその暑さから我慢できずに川に飛び込んでいく人もいる。しかし川というのは何も準備せずに飛び込んでいい場所では絶対にないし、用心深く緊急避難用の救命胴衣ぐらいは準備しておくぐらいのことはすべき場所だ。

しかし一般的に川遊びの危険性について、多くを語っている場所はそれほどない。毎年どころか、毎日のように川や海での水難事故が起きていて、しかも幼子や高齢者だけではなく、若者も事故に巻き込まれているにもかかわらずだ

宇賀神裕人さんの荒川での水難事故へのコメント

・川に大して危機感がないやつが多すぎるんだよな。水深が1mを超える川だったら、何も装備がないならぜったいにはいるべきじゃないってのにね

・水遊びの危険性がもっと周知されるといいのにね。

・大学生20歳か、つらすぎるな

・両親も友達も耐えられんよな、せめてまた同じ事故を起こさないようにな

・川は表面上すごい穏やかでも尋常じゃないぐらいエネルギー持ってるからな。素人はほんと川遊びなんてゼッタイやっちゃダメだよ。ライフジャケットを着てやるなら海並みには安全だけどな

水難事故が不安なら絶対に買っておくべき「Kingii」

kingii | This wristband saves lives from drowning

こういう緊急避難の道具があることを知識として知っておいてほしい。そうすれば、救えるはずの命もいくつかあるはずである。
>>「kingii」を見に行く

国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ