大野美幸のパワハラ内容がひどすぎる【日大チアリーダー部】日本大学

大野美幸のパワハラ内容
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【大野美幸のパワハラ内容の要約】

①お前はプライドが高い反省のできない、学園の恥

他全部員の前で、嘘の内容で叱責。部員たちも信じ込む

③お前はずる賢い馬鹿とののしり、被害者は過呼吸からの不登校へ

④日大のガバガバガバナンス。炎上前口頭注意のみで「やるべきことはすべてやった」炎上後「解雇いたしました・・・」

大野美幸のパワハラの報道内容

日本大応援リーダー部(競技チアリーディング)の女性監督が女子部員にパワハラをしたと、学内の人権救済機関に認定された。関係者への取材で判明した。部員は精神的に追い詰められて適応障害と診断された。運動部を統括し、アメリカンフットボール部の内田正人前監督が事務局長だった保健体育審議会(保体審)に解決を求めたが対応しなかったという。日大のパワハラ体質とガバナンス(組織統治)の欠如が再び露呈した。

監督は2011年ごろまで同部選手だったOGで15年度に就任した。女子部員らによると2月5日、全部員の前でこの部員を名指しし「大雪の日に事務員に頼んで練習をなくそうとした」と事実でないことで叱責した。

この前後にも、部員が強豪である出身高校のジャージーをはいていたことを見とがめ「学校の恥。今すぐ脱げ」と怒ったほか、けがからの復帰が遅れているのをうそだと疑い大会に出場させようとした。他の部員からも責められて自殺を考えるほど追い詰められ、大学に通えなくなった。

女子部員側は保体審に監督との仲裁を求めた。当初は応じる姿勢を示したものの「監督と直接話してください」などと態度を変えたため、3月に人権救済機関に相談した。関係者によると、具体的内容は公表していないが、調査をして監督の言動がパワハラに当たると認定したという。

5月に起きたアメフット部の問題で日大は対応が批判されたがその間もチアの問題は解決せず、監督は7月に女子部員に謝罪した。毎日新聞の取材に日大企画広報部は「事象の有無を含めてお答えできない」と回答。監督は指導を続けている。

アメフット部の問題では、日大が設置した第三者委員会が7月末、悪質タックルを指示した内田前監督=懲戒解雇処分=の指導を「独裁」「パワハラ」と批判。部活動を監督すべき保体審の事務局長を内田前監督が務めていたことが独裁を許し、ガバナンスが機能しなくなったと指摘した。

スポンサーリンク

大野美幸のパワハラをまとめていく

・全部員の前で名指しで叱責。しかも叱責内容が嘘八百

【発言内容】「こいつは事務員に“練習がなくなるように監督に電話をかけてほしい”と頼んで練習をなくそうとした」と嘘の内容叱責。実際は、事務員が厚意で監督に「練習を控えたらどうか」という電話をしてくれたそうな。

大野美幸の欲求は、叱責よりも「たくさん練習しろ」「とにかく練習だ!」だと思われる。日本選手権で4位まで取ったことがある部ですから、練習が厳しいのも事実だろう。しかし嘘の内容で失跡するというのはばかげた話である

・強豪の出身高校のジャージを履いているのを見て叱責

【発言内容】「おまえみたいにプライドが高くて過去の栄光にすがり付いている奴には自分の罪を認めることも反省することも無理。本当に学校の恥だよ」

意図は不明。とりあえず叱責したかったのは間違いないだろう。もしかしたら、「チアーリーダーというチームワークが重視される世界では、一体感を出すために他校のジャージを着るのは良くない」という意図があったかもしれない。しかしそう思うならそれを具体的に指摘する必要があるのは当たり前で、パッションで「伝われ!!!」は無理だろう。とりあえず気に入らないことを全部起こるパワハラの典型だ

・怪我の復帰が送れているのを嘘と決めつけ大会に出場させようとする

【発言内容】「お前のこと、ただのバカだと思っていたから力になってあげようと思ったけど、ずる賢いバカは嫌いだから。本当はもうできるんじゃないの?」

めちゃくちゃである。怪我のケアは監督としてもっとも親身になって上げないといけない部分であるのは間違いない。にもかかわらず、自分の実績のために試合に出させようとする傍若無人っぷり。

結果、発言力がある大野美幸の言うことを信じた他の部員からも責められて過呼吸になるも「どうせ演技でしょ」と言われて、大学に通えなくなったほど

スポンサーリンク

大野美幸のパワハラに対する日大の対応「関係ない」

女子部員が日大の保体審(学校のパワハラなどのトラブルを対応してくれる場所)に相談して、仲介を求めた

保体審は当初は応じる姿勢を示した

しかし「監督と直接話してくれ」と仲介を拒否

おそらく、現場の保体審の人間は応じる気になったが、日大の上の方からパワハラ問題を大きくするなんてありえないなどという指令が来たか

女子部員が日大ではない、外の団体、人権救済機関に相談

調査によってパワハラと認定

日大のアメフト問題があった間も、チア部のパワハラ問題は続いていたらしい

7月にようやく監督が謝罪

大野美幸は「“いい演技をすることで帰ってきたいチームをつくろう”という結論を得た」などと被害者の家族に報告

被害者の家族は「この女パワハラを直す気がないのか・・・」と気付き、保体審へ2度目の連絡。

保太審は口頭注意のみ

さらに日大は対外的には、「自称の有無を含めてお答えできない」と回答

監督も指導を継続

被害者家族が保体審に訴える。
「日大としてできることはすべてやった」
「やるべきことはやりつくした」
「部のことは監督に一任してある」

被害者家族が監督との面談の仲介と場所の提供を依頼

「そんな場所はないし、貸せない」

日大『本学は学生の皆さんを必ず守ります。』という一文が書いてある文書を出す

パワハラ被害者が文書を読み、パワハラ解決を期待してもう一度連絡

『今回の文書はアメフトの件なので、○○さん(私の名前)の事とは関係ない』

現在騒動になり、監督を解任

日大「学生の指導に支障をきたす恐れがあると判断したため」

炎上して尻を叩かれないと自浄作用が一切働かない日大。重症である

今回の一件で、日大はアメフト問題に関しては対応するが、大学の方針「教員側を徹底して擁護して、内部問題は出来るだけ隠蔽する」を一切変えないという姿勢を明るみに出した結果になりました。

トカゲの尻尾は、あと何本あるんですかね。

パワハラ報道の日大チアリーディング部 監督を解任(18/08/09)
国内ニュース
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旬とぴ